• 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)50・51話

ヒョンガムの反乱はグァンは撤退。痛かったのはサジョン高句麗に投稿したということ。戦術、戦略のすべてをしっているからね・・・。
だけど、ヒョンガムも反乱軍として苦戦。「離宮に入ることで正統性を主張する」というヒョンガム。反対するミルに「お前は本当はこの土地に朝鮮を作りたいんだろう!!俺は俺の国をココにつくるのだ」と宣言。
結局、反乱は失敗に終わるが、イ・ミルは群盗チョク・ヤンに「慕う者が各地にいるので統率してほしい」と請われることになる。



あらすじ(公式から)
50話:投降
ヤン・ヒョンガムの反乱を知ったヤン・グァンは、高句麗軍と反乱軍からの挟撃を恐れるあまり、身動きが取れなくなる。さらに、隋の機密を知るコク・サジョンが高句麗へ投降を図る。勝利を確信していたヤン・グァンだったが、苦渋の選択で全軍撤退を告げ、逃げるように遼河を渡る。
己の欲望に本来の目的を見失ったヤン・ヒョンガムとイ・ミルの間には深い溝が出来ていた。
51話:私欲
権力に目が眩んだヤン・ヒョンガムは、イ・ミルの忠告を聞かず皇帝の離宮を落とそうとするが、敵軍に阻まれ撤退する。次に長安を目指すも官軍の伏兵に襲われ、反乱軍は壊滅状態に。そして深手を追ったヤン・ヒョンガムも命を落とす。
敗北したイ・ミルは自暴自棄になるが、群盗チョク・ヤンが現れ「蒲山公[ポサンゴン]を慕う者が各地にいるので統率してほしい」と請う。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 淵蓋蘇文(ヨンゲソムン) | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7386-89990a9a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。