• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

江~姫たちの戦国 13話花嫁の決意

ねねまでが、江を嫁に出すのに反対するとかもうね・・・。
まあなんだかんだいいながら見てますけど、半笑い状態っす


あらすじ(公式から)
天正11年(1583)秋、茶々(宮沢りえ)への恋心を募らせる秀吉(岸谷五朗)は、突如、江(上野樹里)を嫁に出すと告げる。秀吉は、茶々を我がものにするため江が邪魔だったのだ。
 秀吉は着々と、織田家ゆかりの尾張大野城の城主・佐治一成(平岳大)との縁組を進めるが、これにはある思惑があった。一成は、伊勢随一の水軍を持つ武将で、織田信雄(山崎裕太)の家臣。信雄は、家康(北大路欣也)と手を結び、打倒秀吉の戦準備を始めていた。そのため、江を佐治家に嫁がせることで、信雄から一成を離反させ、伊勢の水軍を羽柴家のものにするねらいがあった。
 その思惑に気づいたおね(大竹しのぶ)は大反対。三姉妹も秀吉の勝手な行いに憤慨し、茶々は代わりに自分が嫁に行くと秀吉に詰め寄る。戸惑う秀吉は、この婚姻は、夢枕に立った信長の遺志であり、江が嫁に行くことで信雄との戦が防げると言い放つ。これはせっぱ詰まった秀吉の言い逃れだったが、その言葉が江の心を揺るがしていく。
 江は悩んだ末、茶々に手を出さないよう秀吉に約束させ、嫁入りを受け入れる。やがて、茶々と初(水川あさみ)と別れ、尾張大野城
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| NHKドラマ | 17:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7406-30f8732f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。