FC2ブログ
  • 06月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ファッション70'S 1-4話

ファッション70’s DVD-BOX I ShowTimeで途中まで無料になってたので、まとめ見しました。

「チェオクの剣」のイ・ジェギュ監督。 激動の60-70年代を舞台に、当時の政治・外交、ファッション、社会風潮をリアルに描写。 『子猫をお願い』のイ・ヨウォン、「酒の国」のキム・ミンジョン、『MUSA -武士-』のチュ・ジンモ、「キツネちゃん、何しているの?」のチョン・ジョンミョン。2005年/SBS放映(全28話)
キツネちゃん、何しているの?も一挙放送を流し見ているので、チョン・ジョンミン君をやたらみることになりますが、初めはあんまり出てこないです。


1話
舞台は1950年代。
ドンヨンは国連軍の基地の放送を手伝っています。貧しいガンヒは盗んだ軍の食糧やタバコを横流しして商売してる。母親と大邸に行く予定。流通業の社長令嬢のジュニは、ガンヒと仲が良くて、無邪気に遊びにくる。軍で働くガンヒの母からガンヒに物資を預けたり、手紙を渡したりして、運び屋に使っちゃってるよ。



ドンヨンも、危ないからって軍に勤務してる父親から、大邸に戻るように命令された。母親の形見の写真と真珠の指輪をあずかったドンヨン。ウォーカー将軍から、本も貰った。
ドンヨンがいなくなるからって、残される物資をこっそり盗んだガンヒ母は、ジュニに持たせて、ガンヒを見張りにして、最後の盗みです。物資だけじゃなくて、ドンヨンの指輪もガンヒの母親は盗んじゃった。ジュニは高価なコート来てるから、隠し持てるんだね。子供だから、疑われないし。でも、ドンヨンを見て駆けだしちゃって、盗みがばれた。ジュニはだれに言われたか言わないんだけど、ドンヨンが指輪がなくなっているのに気がついて、部屋の前にいたガンヒを思い出した。ジュニはそれでも何も言いません。ガンヒは流石に指輪を盗むわけないって思ってたけど、お母さんは盗んでた。指輪から真珠をはずそうとする母。でも、真珠は床下に。ガンヒが、母親からとりあげて、返そうよ!って訴えます。お母さん、無理やりにガンヒに飲ませてしまいました。お金を持って、一人で大邸に逃げろって。自分は後から行くからっていう母。生きるためとはいえ、子供に嘘をつかせるなんて、厳しいなあ。結局、母親は下剤を飲まされることに。ここまで見込んで、ガンヒに飲ませたのか。でも、ガンヒも残されてしまいます。
ファッションショーのためにソウルに向かう女性たちを乗せたトラックに同乗してたビン。トラックから落ちちゃったよ。お母さんはデザイナーで、ビンにあんまり構ってくれない。母親を「先生」って呼ぶビンは、僕はピョンヤンの家に帰る!って叫んで、飛びだした。ビンを止めようとして追いかけた団長が、通行証と招待状を川に流しちゃった。一応、行ってみたけど、やっぱ、門前払い。で、ウォーカー将軍に直接お願いしようとするチャン・ボンシル。
中国軍の攻撃の連絡が遅れてきた。急いで後退しないとヤバい。なのに、住民たちは何も知らせずに撤退しろという米軍の司令。でも、ドンヨン父(将官)は、国民を盾にすることはできないと拒否。でも、米軍にとっちゃ、韓国民より米軍兵の方が大事だわな。米軍を守りながら、住民を退避させる方法を考えるドンヨン父=キム・ホンソク。ドンヨンを先発隊に同行させよと意見されて、一度は拒否しながらも、聞き入れました。
ホンソクは、通行証が欲しいとやってきたボンシルに、ここでファッションショーをやってほしいと願い。ここに、住民を全員集めろ!と軍に指示です。その間に、米軍を退却させ、米軍退却で住民にが動揺→米軍による住民制圧とならないように作戦を。
しかし、ジュニは盗みをしたことで、ファッションショーには連れて行かない!と言われて、一人で駈け出してしまいました。父親が、お母さんの機嫌が直ったころにこっそり連れて行くから、待ってろと言ってくれた。でも、子どものジュニがおとなしくしてないわな。楽屋に入り込んで、ビンと知り合いました。そのころ、ガンヒはお腹が痛くて、閉じ込められた部屋で外に訴えてます。しかたなく、窓を割って逃げだした。
近くに攻撃が始まった。ジュニは両親と別れたまま。ガンヒも母親の牢へ駆けつけて、なんとか母を逃がそうとします。住民は何も知らずにショーを楽しんでます。ジュニの父コ・チャンフェは、ジュニを探しに行ってそれに気が付き、ジュニを探し始めますが、ジュニは両親に見つかりたくなくて、隠れちゃうんだよ。子どもは、本当に面倒だよなあ。
2話
本格的に攻撃が始まった。ガンヒは必死に牢の鍵を開けた。切符をガンヒに持たせ、トラックに隠れて乗れという母。母親は、家に帰ってお金を持ってくると。飢え死には、銃弾で死ぬより苦しいっていう母が、無理やりガンヒを先にやった。死んじゃ嫌だよっていうガンヒの切ない願い。両親は必死に探しているけど、ジュニは呑気にファッションショーの楽屋の箱の中で眠っている。
ホンソク、ボンジルに殴られちゃった。ま、利用したんだから、仕方ないか。ファッションショーの一団も退却です。ビンが、ジュニのことを思い出して、箱を探しているけど、見つからない。
ジュニを探す軍人がいるため、顔を隠して「ジュニです」って言って隠れたガンヒ。乗っていたのはコ・チャンファのトラック。それで、軍人は「ジュニ、そのまま乗っているのよ」と言って、ジュニ両親のもとへ、ジュニは前のトラックに乗って行ったからと言って、二人を戦場から脱出させます。
ガンヒ母。家に帰ったら、金を盗みに来てたジョンジェ姉弟が。もみあいになって、殴られちゃった。意識を失うも、一応は生きている。しかし、銃撃戦が始まっちゃう。とにかく必死で逃げる母。軍に同行させてもらって、なんとかガンヒに追いつこうとするも、なかなかうまくいかない。
ホンソク、とにかく住民たちを逃がすために、本部は前線で粘ると命令。鉄橋を爆破して敵の進撃を遅らせ、退路を断ってでも、連合軍と市民と負傷兵に時間を与えろと指示。さらに、車両は負傷兵に使い、本体は徒歩での退却。
トラックが停滞したところで、ジュニが乗ってるはずのトラックを見た両親。駆けだすも、ガンヒは隠れているし、トラックには追いつけなかった。コ・チョンファのトラックに乗った一団は、古南里に到着。追いついた両親、ジュニって呼びかけるも、ガンヒは顔を出せない。仕方なく顔を出したガンヒにジュニはどこなのよ!って責める。お前の母親のせいだって迫るジュニ母。それは無茶だよね。必死だから仕方ないけど。
ジュニ、やっと起きた!出して!って騒いでるけど、すでに出発したトラックの中。そのうち、息ができなくなってきた。そのうち、爆撃の音が小さくなったこともあって、ビンが確認したいというも、母親は許さない。飛び降りるって脅して、なんとかトラックを止めさせた。不安だから探すっていうビンに「どうして困らせるの。苦しめるの。いつも」と、母が責め立てます。ジュニは僕と違って悪い子じゃないし愛されてるかもしれないから、探さないとっていうビン。母の愛情が伝わらないんだよね。さっき、声を聞いた気がしたモデルが箱を開けて、ジュニに気がついた。でも、人工呼吸するも、息がない。ビンは助けられなかったことに傷ついてます。ビン母が、必死に人工呼吸を続けてくれて、なんとか息を吹き返しました。良かった。事情をしらないジュニ、家に帰ろうとします。でも、フラフラ。結局、倒れちゃった。
コ社長夫婦は探しに帰る。止める軍を振り切って出発。ガンヒが、私も母を探したいって言って、無理やりついてきた。ガンヒは、またも腹が痛くなっちゃう。真珠、でてきた!ジュニの両親は、危険な場所に子供のジュニは連れて行けないと、ガンヒを置き去りにして行ってしまいました。でも、ガンヒは一人で家の方へ戻って行く。無理して非常線を突破したコ社長たち、突っ込んでいった。そこで、遅れてたボンジルのトラックとすれ違い、ジュニが乗ってた!と引き返してこようとする。で、戻ってこないと思って実行された爆破に巻き込まれる。えーっと、これはジュニ両親、確実に亡くなったと思う凄いことになってたんだど、父親の方は命は助かったみたい。でも、足を負傷してる。母親の方は虫の息、はってでもジュニを迎えに行ってと願いながら亡くなってしまいました。一方、ガンヒは爆破のちょっと後に橋まで来て、もう戻れないことを悟ります。
ジュニ父、痛めた足て必死の退却です。でも、中国軍に取り囲まれちゃいました。妻が隠し持たせてくれた米ドルのおかけで殺されそうになるも、「中国軍、マンセー」と唱え、中国語を話すことで、難を逃れました。
ガンヒは、大邸の駅で必死に母の到着を待っています。物乞いして生きるしかない。そこには、ファッションショーの一団も。でも、プサンに移動する予定。ジュニを置いていけないとビンは言うけど、母は一か月旅館に頼んできたからと言って、みんな厳しい時代を生きているのと言い聞かせます。ジュニはお兄ちゃんと行きたいっていうけど、両親と会える可能性を言われると、そっちのが良いよね。ビンは、ジュニが両親を探せるように、看板を作ってくれました。ジュニはビンのほっぺにチュってして、涙の別れです。
ジュニ父はソウルの病院で中国軍の治療を受けた。そこを退院した父。雨に降られてしまいました。ボンシルの一座の表示のある布を見つけて、探しまわってます。
ジュニは両親を探して、大邸の駅に立つようになります。
3話
子役時代が結構長い。全28話ある長い作品なので、まあ仕方ないのかな?しかしOPの軽い感じと、ドラマの暗さがまったくもってあってない。合うようになる日は来るのか?あと、今後、お嬢様なのに貧乏育ちの純真なジュニが主役になるためか、ビンともドンヨンともフラグ立ちまくってるのに対して、たくましく優しく過酷な幼少期を送るガンヒが、悪役になっちまいそうなのが不安。

ジュニ、トイレに行っている間に置いておいた看板を、他の人のと間違えちゃう。まだ、字が読めないんだから仕方ない。間違ったのはガンヒの看板。ガンヒは、残されたジュニの看板を見て、ジュニがいるはずだと探し回ります。知ってる人の顔を見て、「オンニー」って叫ぶジュニの嬉しそうな顔!でも、ガンヒはジュニに両親の死亡を告げなきゃいけない。「見てない」としか言えなかったガンヒ。つい、待ってたら来てくれるって言っちゃった。浮浪者同然のガンヒ。ジュニの宿について行った。でも、ビンの母はお金を置いて行かなかったといって、追い出されそうになる。ガンヒは強い。警察に行って帳簿確認しよう!ってごねて、もっと激しく追い出されちゃった。
浮浪者たちの一群に混じった二人。寒いっていうジュニのために、看板を燃やそうとするガンヒ。喧嘩になっちゃいます。物乞いのやりかたを伝授するガンヒに、ジュニは「駅に行って両親を探さなきゃ」ってごねる。うっかり死んだといってしまったガンヒに、「嘘つき!」って殴りかかったジュニ。ガンヒだって、子どもなんだもんねえ。逃げ出したジュニだけど、結局、ガンヒを頼るしかない。ガンヒが探しに来て、お饅頭をくれました。一緒に泣いてくれて、戦争が終わったら死に場所に連れて行ってあげるよっていうガンヒ。「死んだら駄目よ。ゴメンね。泣かないで。面倒見て、学校にも行かせてあげる」っていうガンヒ。
ホンソク、負傷しながらも無事撤退し、息子ドンヨンと再会。しかし、餓えた避難民が物資を盗みにやってきている。ウォーカー将官は、侵入者は殺せといってるけど、餓えた避難民は止められない。
ガンヒとジュニ、二人で生活のすべを考えます。ジュニはわがままお嬢様だけど、ガンヒの言うことは聞きます。ズボンの闇商売をしているのを見て、これはいけると思ったガンヒ。軍服と染色剤があればやれるってことで、真珠を使うべきか考えます。自分を褒めてくれたドンヨンのことを思うと、返さなきゃと思うけど、生きていくには仕方ない。小さな部屋と、染色剤とたらいを買った。
軍服は盗むしかない。入り込んで、盗み出す二人。さっそく商品を作るガンヒ。でも、ジュニは商売が分からないから、安く売りすぎちゃったり、大変です。で、声かけてきた夫婦が、ガンヒの知り合いのジョンジェ姉弟(ガンヒ母を殴って金を盗んだ奴ら)。母は死んだと聞いて、ガンヒは駆けだしちゃった。ジュニが健気に追ってくる。駅で、母を探すガンヒ。頼る人も居なくて、ジュニも抱えて、ガンヒ気の毒すぎる。ジュニが「泣かないで」って慰めてくれるのが、本当にかわいらしい。
ガンヒが凹んでいる。悲しくてもお腹はすくでしょ?ってジュニは気にかけるも、ガンヒはもう大きいから、ジュニみたいに無邪気になかなかなれないよねえ。ひもじさに慣れてるし。ジュニがお腹すいてるんだなって気がついたガンヒ、お米を買いに行かせました。でも、供養をちゃんとしないと、亡くなった人が天国に行けないって話を聞いたジュニ、米じゃなくて、供養のための干物と林檎を買ってきちゃいます。それじゃあ効率的に腹は膨れない。でも、ちゃんと供養をしてやるところが、ガンヒのいい子なところです。ジュニは両親の名前が分からないから、「ジュニオッパー」「ジュニオンマー」って書いてあげた。でも、供えたお酒を腹の足しに飲んだ二人。ビンがいるプサンに行きたいなっていうジュニ。
ガンヒ母は生きていて、必死に歩いて大邸までやってきている。
ジュニ父、社員達の元に戻って、仕事をしています。足が悪いままで、動くに動けない。社員を使ってボンシルの居場所を探ってます。近くにいると分かりました。
ボンシル。プサンで賃貸契約を結んだのに、洋装店なんかにしてもらっちゃ困るとごねられてます。そこへ、ジュニ父が。ビンに会って、ジュニは大邸にいると、聞かされます。一緒に行ってくれと言われても、ボンシルは行こうとしない。まあ、ボンシルだって生きるので必死だもん。金はあるんだとジュニ父が説得。旅館に向かいました。でも、すでにジュニはいない。
どっちの親も、すぐ近くにいるんだよね。だけど、簡単には会えない。
夜中に、また軍服を盗みに行った二人。米兵に見つかっちゃった!で、ふたりとも撃たれた?


4話
ジュニ父、旅館にくるも、あの子はいなくなったよって言われちゃう。ジュニのマフラーが残ってた。何でもあげるから娘の居所を教えてくれって願うが、居場所が知れない。チョンファは、ボンジルに「本当にあんたはビンの母親か。母親なら、哀れな子を見たら助けるもんだろう!」って吐き捨てる。いやあ、でも、あんたの嫁は、ジュニを助けなきゃって夢中で、ガンヒを見捨てたじゃないか。
ガンヒとジュニ見つかったよ。許してって何度も願う。上官が子供を撃つな、中に入れたお前らが悪いって言ってくれた。チョコをくれて英語で「ここにくるな」って言ったけど、分からんわな。軍営から返されたとき、ドンヨンがジュニを見つけて駆け寄ってきた。ジュニーって、ガンヒは無視かよ。意地悪だな。二人の家にきたドンヨン。後で迎えにくるよってジュニに言ってるけど、ガンヒはダメなんだ。「母さんの指輪を返せ」ってガンヒに迫るドンヨンだけど、ガンヒの母親も死んだと聞いて、流石に凹んだみたい。でも、相変わらず迎えに来るのはジュニだけなんだ。そりゃガンヒは拗ねるよなあ。真珠のおかげで食べられたのは、ジュニだって同じなんだし。
ガンヒ母、外国製品の扱いをする店を訪ねて、ジョンジェ姉弟に会っちゃう。で、追いかけっこです。ジョンジェ達、家で荷物を持って逃げようとしているところで、追いつかれた。生きるための厳しい争い。でも、娘の居場所を知っていると言って、気を引いた好きに逃げだした。それを追いかけた拍子に、ジョンジェが階段からおちちゃった。ものの弾みとはいえ、頭打って死んでしまった。ガンヒ母逮捕。娘が待っているから、一度だけ会わせてくれって願うも、そうはいきません。探しにきたって伝えることくらいさせてくれ!って泣き叫ぶ。
ガンヒとジュニは、健気にズボン売りの仕事を続けてます。ガンヒは、ドンヨンのことが気になって、ジュニと引き離されると思って、真珠を質から引き出そうとしています。でも、利子が高くて払えない。あきらめさせようと「薬きょうが何箱もいる」とかいった質屋のおやじ。これで、ガンヒは無茶しちゃう。また軍営に入り込んで、こんどは落ちてる薬きょうを拾う。うー、見つかっちゃった。動くなって言ってるけど、分からんよな!で、逃げ出した二人だけど、ジュニがこけちゃう。ガンヒは怖くてしゃがみ込み、ジュニは怖くてガンヒに駆け寄る。ガンヒがジュニを庇うように走って、ガンヒは撃たれて倒れた。貫通した弾が、前のジュニにも。ガンヒが必死にジュニに這い寄って、意識のないジュニに話しかけます。でも、米兵が銃を構えてやってくる。しかたなくジュニを置いて、這うように逃げだした。でも、途中で力尽きて、ジュニを思いながら意識を失った。米兵がジュニを確認。まだ息があって、「アイラブユー」って唯一覚えた英語を話した。
そのころ、ドンヨンは軍営に帰って、父親にジュニの居場所を告げた。でも、コ社長が軍営にドンヨン父を訪ねてきて、ジュニの居場所を知ります。ドンヨンとジュニの家に行く。待っても、帰ってこない二人。

3年後。ガンヒ母イ・ヤンジャ。終戦の恩赦で、刑務所から出されました。ガンヒのいた家を訪ねたけど、3年前に出て行ったきり。ジュニ父のコ・チョンファは、孤児院を探し歩いてます。ヤンジャの方も、徒歩で地道に孤児院を巡っている。
チョンファ、ガンヒを見つけました。ガンヒ、死んだと思ってた人がいる!って怖くて逃げだした。ジュニはどうした?って尋ねるチャンファに「死んだ」っていうガンヒ。ま、彼女はそう思ってるんだよねえ。撃たれたし。近くの河に向かって泣くチョンファ。河に落ちて死のうとするチョンファに、ガンヒが「母さんも死んで待ってる人もいないのに、私が死ねばよかったのよ。ごめんなさい。」って必死に止めた。ガンヒを知るのはチョンファだけ、ジュニを知るのはガンヒだけ、だから一緒に生きようというチョンファ。
一方、ヤンジャはジュニを見つけました。ジュニは、弾を持っている。でも、ヤンジャに「オンマー」ってしがみついたジュニ。「私、怪我しててたの。痛くて死にそうだった」って泣きだしちゃった。で、しかたなくジュニを引き取って、「親を探してあげる。金持だったから、助ければ金になる」っていうヤンジャ。

17年後、成長したドンヨン(チュ・ジンモ)。父はキム・ホンソク国防相となっていて、その秘書官をしているみたい。近隣の島をヘリで視察。原子力発電所を作りたいと、閣僚にかけあっているが、アメリカは核に敏感。核爆弾ではなく、国のための発電所だ!って主張して、大統領を説得。
原発の候補地となっている孟骨島には、成長したジュニ(イ・ドヨン)が。ヘリで到着したドンヨンと会うも、どうやら記憶がないジュニ。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ファッション70'S | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/895-ba6e9e6e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]