FC2ブログ
  • 06月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ファッション70's 7・8話

ファッション70's BOX-III 7話
ドンヨン米国に逮捕。閣下や父親にも連絡が。抗議するという閣下を、父親ホンソンは様子をみようと止めた。ドンヨンは厳しい尋問を。「核開発のは話をしたんじゃないか?だれに会ったか?」と厳しく追及。ひとことも話さないドンヨンだが、「内政干渉だ。国のために代替エネルギーを模索するのが悪いのか?」とつっぱねた。ドン・ハワードという男が逮捕され、その物理学者と接触したとして召喚させられそう。閣下の万年筆を渡しただけだとドンヨンは言っているけど、実際はどうなのかな?閣下が、なんとしてもドンヨンを連れ戻せと・・・。
しかし、ワシントンまでの直行便に乗せられて、アメリカ本土の裁判所で裁かれることになったドンヨン。連行される過程で、国家情報院が移動車を襲い、ドンヨンを救い出した。



これは国際問題になるだろう。ヤバイと思うなあ。ホンソンと密かにあったドンヨン。ミュンヘンに5-10年潜伏しろと言われた。でも、逃げたら閣下、そして父の立場が悪くなると連邦裁判所に行って、国の威厳を守るというドンヨン。でも、すでに襲っちゃったから遅いような気がします。ま、逃げるよりはマシか?でも、ホンソンが「行かせない」と。いつも国を優先してきたって、ホンソンは20年前に逃げる時も、ドンヨンを先に逃がしたじゃないか!おい!ドンヨン、「尊敬する父さんの息子らしくワシントンに行きたい」と説得するも、父親が強情。キム・ジュノという偽名で出国することに。
ドミ、家出の決意を。手紙をかくし、給料を送るから体が弱ってる母さんはアマはやめてっていうドミ(なんか、とってつけたような設定。ドミ擁護のためか?)に、「母さんのことは忘れて」って酔っ払っていい放つヤンジャ。それで、ドミは「辞めるわよ!」って言っちゃった。で、結局、もとの海女の生活だけど、ドミは履歴書に希望を託して手紙が来るのを待っている。ヤングンが郵便局員なので、採用通知をヤンジャにこっそり渡して、握りつぶしてしまったよ。
ガンヒは経営しているブランドにボンシルをデザイナーとして迎えようとしている。チョンファは、娘の情熱があれば成功するだろうと見守っている。でも、ガンヒが生母を探しているのでは?といわれて怒った。そして、ドンヨンの家にいこうとするガンヒに、「私はお前をドンヨンを結婚させて苦労させたくない。政治家になるような男は駄目だ」って言い聞かせます。「ドンヨンか父さんか選ぶとしたら父さんだけど、ドンヨンを愛している」というガンヒ。子供の時から恋してたから、ドンヨンさんを愛さない自分を考えられないガンヒ。ドミの履歴書は、ガンヒからチョンファの手に。チョンファは、今でも「ジュニを探して」という妻の夢に悩まされる。
10日後。チャ・ボンシルショー。先日の騒動でガンヒは動揺しているし、足を怪我しちゃってる。いろんな上流階級と付き合いのあるビンに頼んで、ドンヨンの行方を探してもらっている。そこに、ドンヨンが「ショーに行けなくてゴメン。ミュンヘンに5年くらい出張するって」って、空港から電話してくる。えーっと、それは機密事項じゃないのか!なんか、温い!「いつか言ってやりたかったことだ。お前がジュニでもガンヒでも、おじさんも俺も、今のお前を大事思っている。お前のままの姿で生きるんだ。ビンと喧嘩するなよ」この最後の部分は、受話器を取り上げたビンが都合よく聞いた。このセリフは泣きました。ガンヒ、ビンに送ってもらって、衣装を脱いで空港へ。出国者名簿には名前がないし、ドンヨンにも当然会えなかった。。
ドミ、ラジオでカーペンターズの音楽を聴きながら、洋服を作ってます。それくらいしか、おしゃれしたりできないか。で、火を熾してて、燃え残った採用通知を見ちゃったドミ。流石に、怒りと悲しさを抑えられません。お母さん、燃やすなら、ちゃんと燃やしておけよ!今日中に行けば間に合う。ヤケクソのドミ、荷造りして出て行ってしまいました。ヤンジェは「もう間に合わないよ」って説得するも、聞く耳持たない。でも、港にドンヨンが降り立った。ドンヨン、ここに隠れるつもりなのかよ。本当に、それは国家のために迷惑になりそうだけど。連絡とれなくなるし!あんたの所在は国家が把握してないと、いろいろと面倒になるよ。
8話

ドミ、港でドンヨンと会った。ドンヨンは「なんでここに来たんだろう?ここで暮らす」と言った。自分を捨てにきたっていうドンヨンの様子がおかしいのに気がついたドミ、「借金とりから逃げてきたの?」だって。そこに、ヤンジェが駆けつけて、家に帰って話そうと連れ帰った。男が来たらソウルいかないのかよ!ああー、やっぱヒロインが好きになれない。
ドンヨンは、自分を助けようとした父親にどこか失望したのかな?でも、パスポートは持ってないと、見つかったときにドンヨンじゃないって言えなくなるぞ。
ガンヒは「遠くに旅に出たと思って、探さないでください」っていう葉書を、ホンソンから見せられた。ドンヨンを信じているから、時が来れば帰ってくるというホンソン。何か隠していると感じたビンとガンヒ。ガンヒはドンヨンから受け取った履歴書から、孟骨島のことを思い出しました。
ドンヨンは廃屋を直して、借り受けた。町のおばさん達の噂の的。ドミが好きなんじゃないの?とか勝手な事を言うせいで、ドミは怒るし、ヤングンもイライラ。ドミは内緒でドンヨンの所に夜に会いに行って料理作ったり。下心がありすぎて引きます。ま、ドンヨンにキッパリも断られちゃったけど。で、「馬鹿な島の女と噂になったら困るの?おじさんのためにソウル辞めたのに」とか、卑屈になるのが嫌。なんか、セリフがちょっと違うと、印象が変わるんだけど。
ガンヒ、仕事を頑張ってます。ドンヨンの「ガンヒでもいいんだ」って言葉が、彼女を支えてる。ガンヒはジュニを守れなかったことが、やっぱり傷になってる。特に雨の日には傷が痛んで思い出す。ジュニのマフラーを抱きしめて泣く父を見て、父のために泣くガンヒ。「時々、自分が誰だか分からなくなる」というガンヒ。
ビンは、相変わらず犯罪まがいのことをして暮らしてます。珍島(チンド)へ向かう。母親に甘えたいのに、甘えられないビン。母親が引き止めた。「欲しいものはビンだ」っていう母親。「もう少し待とうって思ってきたけど、もう止めない?」って母に、「鳥肌が立つよ。このままの関係がいいよ」って茶化すビン。うーん、本当に甘やかされた坊ちゃんだねえ。ガンヒ、ビンと一緒にドンヨンを探しに。父は、ビンの母と懇意で、だから許してくれた。
ドンヨンは、トランペットを持って来てて、一か月吹き暮らしてる。えーっと、目立たないように暮らせないんですか?相変わらず、まわりをチョロチョロするドミと、だんだん話をするように。釣りしててオコゼに刺されて足が膨れ上がりおぼれちゃって、ドミに助けられた。毒を吸い出してくれたドミだけど、ドミの方も倒れちゃった。毒を吸いこんじゃったか?意識を取り戻したドンヨンが、ドミを連れ帰った。消毒薬を持ってたみたいで、それで口をゆすがせて吐かせたり、何かの薬を飲ませたり。寒そうなドミのために、濡れた服を脱がして代えてやったり。で、肩の銃弾の跡を見たドンヨン。ドミ、ウナされていつもの夢を。あそこまで暴れる状態なら、起こせば起きると思うんだけど!(ごめんなさい。ドミにイジワル目線になってしまう)ひと眠りして、ドミも落ち着いたみたい。でも、ドンヨンの手をしっかり握って離さない。で、ドンヨン、ドミを家に連れてった。ヤンジェに帰れ!って言われるも、家の外で待っていて「銃弾を撃たれたのはいつなんだ?」って聞くドンヨン。この島で戦乱はなかったはずと問い詰める。なんて失礼な奴。助けたいっていうけど、あんたに何が出来るのよ。
翌朝、元気になったドミがお礼を言いにやってきた。だんだんと仲良くなっていく。急にしおらしくなったドミ。いつ、ここを発つの?って聞かれて、どこにもいかないって言ったドンヨン。ソウルに行く夢は?って聞かれたドミは「夢は変わるの。私、おじさんがここにいるなら、ここにいる。あなたが死ぬと思ったら、私が死んじゃう位に苦しかった」という。
あー、ドミ苦手だ~。同じドジっ子純真無垢キャラでも、笑いがとれるとか、乾いた所があるか透明感があるといいと思うんだけど、なんかベタベタしてる感じ。あと、演技してます!」って感じになっちゃってる=周りの関心を引くための作ったキャラって感じに取れちゃうんだな。下から伏せ目で見上げる視線のせいで、なんか企んでそうな、無神経キャラに見えるんだもん。彼女の純真さを感じ取れない私が、腹黒なんだろうなあ、多分。でも、セリフと演技次第では、もうちょっと好ましく感じるだろうに!おしい!

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ファッション70'S | 20:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/905-ef58a409

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]