FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

SP(エスピー) 11話 エピソード4-3

SP(エスピー)オリジナルサウンドトラック 結局、岡田君のカッコイイPVドラマでしかなかったですね・・・。
最後まで見たら、数々の疑問が解消されるのかなあ?と思ってたけど、結局、矛盾が拡大しただけのような・・・
「大義」が何なのか、あんな自作自演を方法として選んで、何か効果があるのか?ミスに厳しい警察組織で、非主流派らしい尾形があんなことやったって、尾形の唱える新警備システムは遠のく一方な気がする。だって、尾形は従来とは違った基準でのSP=井上を自分の部署に起用したりして、部分的ではあるが改革を試験的に導入させてもらっている改革推進派。で、その尾形の仕切る現場(応援って言ってたけど、現場は尾形仕切り)で、ああいう事件が起こったら、「やっぱ、新しい警護なんかじゃダメじゃん?」って論調になると思う。現状システムではテロが簡単だって訴えるのが目的なら、尾形と関係が薄くて、現状システムでやれるだけの警護をやってる現場を選ばないとダメなんじゃないかな?現システムで出来ることをしてない現場で何が起こっても、「ちゃんとシステムを使わなかった尾形が悪い」ってことにはなっても、「新システムが必要だ」とはならないような・・・。そこがどうしてもスッキリしない。



警察、検察、政治家、各内部での主導権争いなどの設定があやふやで、複数の視点からチェックしてないのが原因だと思う。そういうのはプロデューサーの仕事だと思んうだよねえ・・・。総集編+後日談のSPスペシャルをやるそうですが、見るかなあ?
韓国ドラマでも国家情報局員をあつかった「犬とオオカミの時間」を最近見てました。あれも「かっこいいイ・ジュンギ」を見せたいがためのモロモロがたくさんありました。でも、対立軸を個人的な事情(韓国ドラマでは定番の悪縁ってやつ)にしたことと、敵味方のダメさのレベルを揃えてあること、展開の早さで疑問を考える間を与えないことなどで、かなりストレスを減らしてある(それでも、不満は結構あったけど・・・)。国家組織の改革をぶち上げておいて、「井上がカッコイイだけのPVドラマ」じゃあなあ・・・。
山西を演じる平田さんの演技力には感服しました。SP井上の動きとかムチャクチャなんだけど、平田さんの演技を長引かせるためなんで、まあ上手い演技を堪能できるメリットに免じて、そこは目をつぶろうと思える程度。井上の動きの変なところも、井上のカッコ良いシーンを引き出すためのものなんだろうけど、こっちは演技力の問題もあるし、あまりにも頻繁に繰り返し過ぎて、個人的には許容量を超えました。あそこまではやっちゃダメ。

このドラマ。一応○○の理由は××という描写から読み取ってねというわかりやすい説明はされているんです。でも、他の要素をを説明する描写をちょっとでも思い出しちゃうと、そこから波及する要素との間に矛盾が生じてします。Aという描写から説明できるA’という事柄。Bという描写から説明できるB'という事柄は理解できても、A'とB'が相反するものだったりして、両方を並立させるためにはどういう風に考えるべきなのか?ってのが分かりにくい。で、情報が増えていくことで、矛盾が消えていくかというと、さらにA'ともB'とも矛盾するC'が出てくるって感じなんですよね・・・。あちこちを空白にしているのは、矛盾を意識させないためのクッションとして空けてあるんだろうけど、空けたままじゃいつまでも物語が希薄・・・。最終回に、この空白を一気に埋めるようなウルトラ技があるのかなあ?と思ってたけど、やっぱ無理なんですね・・・。凄い細かく設定作ってるらしいんですが、本当なのかなあ?信じられないな。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/983-43b6cacb

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]