FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

止められない結婚119-122話

スジョン・サムベク・イベクの三角関係も佳境に入ってきました。最後に気持ちを固めなければならないサムベクが苦しみぬいて、それでもスジョンと離れられないと意思表示を。


119話
スジョン・サンミにおごる約束をしてたヘギョ。格安ツアーを見つけて3人で旅行にこうと提案。花見に行くことに。でも、バスで寝てたら「親孝行ツアー」とかで周囲はハルモニばっかり。しかし、お金は払っちゃったし、ハルモニ達とツアーに参加。しかし、これはバッタもんを高級品として売りつけるツアーだった。サンミたちはそうとも知らずに「お得だわ~」とか煽っちゃったよ。
買った化粧品で肌が荒れちゃうし・・・。

ミホちゃんが何をやっても失敗し、またまたマルニョンに怒られる話。挽回しようと必死なんだけど、なかなかねえ・・・。「歌を歌ってみたら?」と言われてやってみたら、怒るよりも呆れちゃったね。


120話
切なすぎるサムベク君の回。とうとうスジョンの本心を知ってしまいます。これが泣けるんだ・・・。

「オッパ、私が嫌いでしょ」というカップルの会話を聞いたサムベク。夢だと追ってたスジョンの声が妙にリアルに思い出される。それに、このセリフは女の子が好きな相手に拗ねて見せてる時に出る言葉だってことには気が付かないの??
友達に聞いてみたら「電話したけど来なかったみたい」ということ。でも、やっぱり気になる!!スジョンを呼び出して夕方に会うことにします。
ホテルではスジョンの指導で手話講座。張り切るイベクに「夕方教えて」と言われたけど、サムベクからの呼び出し・・・。「サムベクと会う」って昔なら言えたけど、今はもう「今日はだめです」としか言えないんだね。

サムベクと会う前のスジョンが、完全に恋する乙女で可愛かった。「お前、もしかして、来た?」と聞かれて「おぼえてないんだ・・・。行きませんでした。じゃあ・・・」って立ち去るスジョン。「お前、男出来たら変わったな・・・」とかサムベクって鈍いぜ。パボ~って意味の手話をやったスジョン。「馬鹿にされてる」ってことだけは分かって怒るサムベク。

家ではイベクが落ち込んでる。「スジョンさんが苦しんでる。相手は誰だ?」ってことになり、サムベクは「兄さんのために」と言い訳して、スジョンの相手を探り出します。本当は、自分が気になって仕方無いくせに。
ホテルの職員か?とスジョンを見張り、支配人をつけてみたけど「それはないか・・・」ってことにサンミに相談。何にも知らないサンミだけど、「最近は出かけないわね」ってことで、じゃあ、家にいるチュンゼか?と思ってみた。チュンゼと話してみたけど、「いい子だね~。友達紹介してくれるって、合コンやるんだ」なチュンゼ。これも違うな・・・。(いちいち、相手に嫉妬をちらつかせるサムベクがかわいいっす)

チュンゼに合コン代理を頼まれたサムベク。スジョンも連れが来れなくて一人でやってきた。初めてあった合コンの時を思い出して、笑っちゃうサムベクとスジョン。「割引券貰ったから」って、二人で食事に行くことに。「何食べる?」「何でも」って昔と同じ会話して、「初めて会ったとき怒ってた」「初めて会う女に怒るかよ!」「私だって女なのに怒ってた!「ハルクが女かよ!」なんて、いつもの気軽な喧嘩。
これで少しリラックスしたのか、「お前の好きな男っで誰?」と聞くサムベク。でも、答えてくれません。「背は高い?」「性格は?」「ホテルの人?」「おれの知ってる人?」とか色々と聞くサムベク。スジョンは正直に答えてるんだけど、そしたらサムベクしか居なくなっちゃうわけで。「じゃあ、俺?」って勇気出して聞いたのに、「もう質問には答えません」ってスジョーン!!
別れるときに、「何で教えないんだよ!」なサムベクに、「オッパには教えない~」なスジョン。「もういいよ。興味もないし!」とか拗ねちゃうサムベクに、「オッパはどうせ私嫌いじゃない」というスジョン。立ち去りながら、「あれ?」と思ったサムベク。そう、それは好きな相手にいう言葉なんだよ!!振り向いたら、スジョンが手話で何かを言ってるところ。見られてるとは気がついてないスジョンが、口にすることすらできなくて、心に抱えてこらえてる気持ち・・・。手話は分からなくても、意味が分かった気がしたサムベク。

家の前で膝抱えて混乱してるサムベク可愛い。で、イベクに手話の意味を尋ねる「パボ。私 あなた 愛してる」 よりによってイベクの口から、スジョンの気持ちを聞かされることになるとは。イベクは気がついてないんだけどね・・・。この状況は辛いよなあ。

クワンチャ3人組を引き離さないとヤバいってことで、ミホたちが引き離すけど、しょぼーんな3人。あまりにもショボーンなので、結局会わせてあげることに。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 止められない結婚 | 17:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

止められない結婚117-118話

117話
スジョンの恋を応援しつつも、「誰だか知らないがスジョンさんが好きだと言う男よりもカッコよくなってやる!」なイベク。顔のあばたを気にして、きゅうりパックです。サムベクは、恋するイベクのパワーに圧倒されてますね。
あんたも逃げてばっかりいないで、好きだって認めたら?

イベクはちゅんチャンに相談。レーザー治療をすることに。しかーし、顔が凄いことになったらしい(モザイクかかってます)。サムベクたちで「3日くらいで元に戻るから~」と必死に慰めた。
会社も欠勤して、フードかぶって暗いところで落ち込んでるイベク。マルニョンまでが顔を見て、「怪物だ~」って叱るし、サムベクまでが顔を見るとそむける・・・。
欠勤を心配して電話してきたスジョンが「私の母校での講演をお願いしたいんですけど・・・」って、スジョンと一緒の仕事を頼んでくる。行きたいけど行けない!苦悶するイベク。
河原で落ち込んでるイベクが帰ってこないと、サムベクたち家族は、スジョンと協力して探し回ることに。逃げ回るイベクに、ボールぶつけたりして攻撃して、なんとか捕まえた。

支配人をデートに誘うも、まったく相手にされてないはジュ。がんばれヘジュ。でも、かっこいいけどマザコンだぞ~。
支配人オンマが職場訪問。話を聞きつけたヘジュは機嫌をとりに行ったけど、なかなか手ごわいです。サンミを気に入ったみたいだし・・・。サンミは支配人狙いじゃないので、ヘジュのためにもって、馬鹿になってみせて何とかかわしました。


118話
サムベクの悩みが、スジョンかイベクかだけではなくて、スジョンが他の男と付き合い始めちゃったら??と変わってきました。自覚がないのか、分かってて我慢してるのか・・・。


ホテルのエレベーターで鉢合わせたスジョンとサムベク。目をそらすサムベクに「怒ってます?」とスジョンは聞くけど答えない。「お前の好きな男はどんな奴だ?」と聞くサムベクに答えられないスジョン。「俺にはかんけーないもんな」と拗ねモードのサムベクに、「なんで意地悪いうの?」なスジョン。「俺は兄さんみたいにいいひとじゃないから」って、それは「黙ってスジョンを応援できない」って深読みすればできるんだけど、スジョンには無理だよなあ・・・。いつものじゃれあいの喧嘩とは違う冷たい空気・・・。スジョンは「悪い奴・・・。(でも好き)」としか思えない。サムベクも辛くて、スジョンに冷たくしか出来ないのも腹が立って、珍しく怒りを壁にぶつけたりしてる。

自宅でカミに「私を嫌いだと言う人。嫌いになれれば・・・」と落ちこんでるスジョンにサムベクが酔って電話してきた。出るのを迷ったスジョンに、「なんで電話でないんだよ~」なサムベク。「出ておいで。ハルク。ゴメン。スジョンを見ると兄さんが・・・。とにかく久しぶりに一緒に飲もう」と意味不明な酔っ払いのサムベク。
でも、行ってみると「なんでお前が居るの?」って覚えてないんか。心配してるのに茶化すサムベクに、思わず怒っちゃうスジョン。心配してくれてるのは分かったみたいで、「こういうの良くないよ。好きな男が居るんでしょ?こういうことしたら、ヒョンが期待しちゃうジャン・・・」って、ホントは自分が辛いくせに。スジョンもどうしてよいか分からないし、悲しいし、とにかくベロベロのサムベクを家に送っていった。

スジョンが悲しい時に、ナイスタイミングで電話してくるイベク。駆けつけてくれます。申し訳なく思うスジョンだけど、「義兄弟の契りを結んだでしょ?」と笑わせてくれて、ホントに良い人だ。

翌日、仕事終わりにお使いを頼まれたスジョン。イベクも用事があるって一緒に出かけます。で、いろいろあって二人で遊覧船に乗ることに。イベクが「写真を撮りましょう!」って言って船員さんに撮って貰うけど、すっかり恋人と間違われてる。
そのまま二人で食事。そこでもカップルに間違われて、ケーキや写真のサービス。気まずい二人。でも、そこにとサムベクの友達からの電話が・・・。「スジョンさんですか?サムベクが酔って大変で・・・」という内容。「ゴメンなさい。行かなきゃ・・・」と行ってしまうスジョン。「スジョンさんを大変にする人は嫌いだ」と一度は引き止めたイベクだけど、スジョンの気持ちが分かるからって、わざわざタクシー捜して見送ってくれる・・・。良い人過ぎる。スジョンは、「私が愛する人は私を絶望に落とす人」と分かっていても、行かずに居られない。

かけつけたら、サムベクは酔ってベンチで寝てる。膝枕してあげたら、「あー、スジョンだ~。変な奴」って完全に酔っ払い。スジョンは「オッパは私が嫌い?」って、サムベクは「馬鹿じゃないの、嫌いだよ・・・」って心にもない事言って寝入ってしまった。
スジョン、辛すぎて逃げちゃったんだね。目覚めたサムベクは、スジョンが迎えに来たことを夢だと思って、夢だったら心のままに言えばよかったな・・・って後悔してる。夢じゃないけど、正直に好きだって言うんだ!二日も連チャンで酔いつぶれなければならないほど、苦しくて苦しくて仕方ないんだろ??もう、思うのはイベクとスジョンのことじゃなくて、スジョンのことばかり見たいだし・・・。イベクは家族だから絶対に離れることはないけど、スジョンは放っておいたら辛くて逃げ出しちゃう可能性だってあるんだぞ~。

支配人のママvs支配人の上司マルニョンのバトル。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 止められない結婚 | 17:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

止められない結婚115-116話

115話
とうとうイベクが告白をしました。3人とも切なすぎ。

どうしても告白するというイベクに、「告白しなきゃ駄目?前みたいに3人で・・・」と言いたくなるサムベク。でも、最後まではいえませんでした。スジョンに、「逃げないでちゃんとイベクと話し合え」と言ってしまうサムベク。心の中で「パボー」と言い合う二人が切なすぎるなあ。
スジョンはペットの蟻・カミに「私も室長も馬鹿だよね・・・。好きになってくれる人を好きになるべき?」と相談してしょんぼり。

イベクは「明日は運勢が良い!」と告白を決断。映画を真似して、紙に書いてそれを見せるなら上手く話せなくても告白できる!と盛り上がってる。それを見てるサムベクが~。
告白当日。ラッキーなことだらけで張り切るイベク。サムベクとランチに出ようとしたところにスジョンが。「夕方話がある」と誘ったイベクに、スジョンはOKをしました。サムベクに「ちゃんと話せ」って言われたのを思い出したから、断れなかったみたい。でも、サムベクは浮かない顔してます。確かに、どっちにしろ3人の関係が変わるのは確実だもんね。
スジョンも、優しすぎるほどに優しくて思いを寄せてくれるイベク、ぶっきらぼうだけどイザとなったら自分を犠牲にして守ってくれたサムベク、どっちも大切で決心がつかない。結局、「今日は遅くなるのでいけません」というメールを送るスジョンだけど、イベクは「ずっと待ってるよ・・・」です。

夜中になって雨が降り出したので、「まだ待ってるんじゃ?」と心配になって出かけたスジョン。当然のようにイベクはびしょぬれで待ってました。その馬鹿みたいな純粋さに「どうして?」と言うスジョン。イベクは「今日は良い日だから、どうしても今日告白したくて」って、告白を書いた紙を見せようとするんだけど、雨で文字が滲んでしまってる。「油性で書けば・・・」なイベク。スジョンは大泣きし始めてしまいます。「ゴメンなさい。好きな人が居るんです」というスジョン。ショックながらも、「一緒に片想いをしよう。守ってあげる。辛いときは辛いし、痛いときは僕も痛い。」と言い出すイベク。あんまり優しいから、ますます泣いてしまうスジョン。イベクがそっと抱きしめます。
その場面を、イベクを迎えに来たサムベクが見てしまいます。すっかり上手く行ったと誤解したサムベクは笑顔で「おめでとう」と寂しくつぶやく。

止められない一分は、告白前夜。イベクが書いた告白文を見たサムベク。「スジョンが笑うと嬉しくて、スジョンを見ると胸が踊る」というすごーく素朴で愛のこもった文章。これ、見ちゃうとなあ・・・。サムベクも辛いよねえ。

ミホちゃん、マルニョンが会社で変な男に難癖つけられてるのを見て逆襲。強いっつーか見境がない。失礼な料理長ドクスさんにも強く出てくれるミホに、マルニョンちょっと感激したか?

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 止められない結婚 | 17:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

止められない結婚113・114話

止められない結婚 パーフェクトBOX Vol.1 [DVD]ホーム・コメディなはずなのに、スジョン・サムベク・イベクの三角関係がめっちゃ気になる。正直、キベク&ミホはいずれくっつくと分かってたから、ここまでワクワクしなかった。関係ない回が挟まれつつ進むので、なかなか進展しない~。でも、そんなときでも微妙な変化は描写されてます。今回も114話はキベク・支配人・ちゅんちゃんの3人組の回なんだけど、サムベクとスジョンはかなり大きく変化してます。

3人とも凄く良い子で、だから、このまま3人でいてほしい気もする。でも、凄く良い子たちだから、互いに惚れてしまう気持ちも分かる。だから、切ないことこの上ない。イベクが、単なるアホではないんで、彼にも幸せになってほしいんだよなあ。でも、スジョンにとってはハルクを喜んでくれた人ってことで、サムベクは特別だろうなあって思うんだよね。


113話
とうとうスジョンの気持ちがハッキリしました。人は6秒で恋に落ちるって話を「ありえなーい」とか言ってたスジョンが、6秒で恋を実感するという話。

イベクを避けてたスジョンだけど、声掛けられて固まった。告白されるムードにならないようにってしてるけど、焦りずぎて転んだ。「薬買ってくる」とイベクが行った隙に、逃げだしちゃった。何にも知らないで、ひたすら心配する良い人なイベク。それを見てるサムベクは辛そうだ。

お客さんの猫が逃げて探し回るスジョン。イベクも、呼び出されたサムベクも付き合って探してくれました。サムベクと二人になったときに、「私はこのままで居たい」と訴えるスジョン。「兄さんもそう言ってたけど、どうしようもないでしょ。わかんないや。辞めよう」なサムベク。腕つかんで引きとめて「どうすれば良いの?傷つけるな。でも、このままは無理じゃ・・・」なスジョンに、「自分の思う通りにならないこともあるんだ。方法はひとつしかない」って、つまりイベクと交際することだよね・・・。サムベク切ないなあ。サムベクも、どうしてよいか迷ってるというか、イベクを応援したいけど、感情がついていかない感じ。
スジョンは、サムベクがどうしたいのか?ってのが気になってるんだよね。つまり、スジョンは自覚してないけどサムベクが好きなんだろうなあと思う。3人でいることを嫌がったことや、行くなと引き止めたことを思い出してる。で、電話したのに、サムベクは携帯見つめるばっかりで、出る決心がつかないのね。イベクにスジョンのこと相談されても、「眠い」と逃げちゃった。
スジョンはサムベクが無視をするって、電話したり、家まで行ってみたりするけど、逃げ回られてる。そして、自分はイベクから逃げ回ってる。

非番の日に、大学まで押し掛けてサムベクを捕まえた。「出席だけして出てくる」と言ったのに、スジョン無視のサムベクに怒ったスジョンは、「彼と病院に行かなくちゃならなくて・・・」と妊娠したふりしてサムベクを困らせる・・・。サムベクはプンプン怒ってるし、「お前の好きなようにしろ」って、大学の女の子たちと遊びに行っちゃった。
クラブまで追いかけていくスジョン。話しかけても無視なサムベクだけど、スジョンに触った痴漢との間はうまく間に入ってくれる。でも、「どうしたら?」というスジョンには答えてくれない。さっきの男が絡んできた。そしたら、サムベクが庇ってくれるんだよ。それで殴られちゃったサムベク。「勝負するから、お前は帰ってろ」って、ひとりで複数にかかっていったよ~。それを見た6秒間。スジョンはサムベクに恋に落ちた。
怪我だらけのサムベクだけど、スジョンの方が様子がおかしいんで、心配してくれる。薬を買ってくると立ち上がったスジョンだけど、同じ状況で自分が逃げちゃったのを思い出して、「絶対、どこにも行かないでね」と何度も確認。でも、やっぱりサムベクは逃げちゃってた・・・。恋に落ちたのは良いけど、サムベクが逃げたことで「だめなんだ」と思ったかなあ?
サムベク、ここは素直になるべきだと思うぞ・・・。サムベクも、スジョンが恋に落ちたの気がついたかなあ?状況的にアレだったし、サムベクの腕つかんだりしてたから、気がついたかな?

クグさん家が修理で行き場所のないちゅんチャンはなぜかミホを頼ってキベクのところに。
いつもの非常識さが炸裂。可愛かった。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する
*CommentList

| 止められない結婚 | 17:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

止められない結婚111・112話

111話
ミホとキベクが仲良いのが気に食わないマルニョンさん。ラブラブなのは良いけど、ひとり身のお母さんがいるんだから、ほどほどに。二人の部屋の下にいるマルニョンは、騒がしい二人のせいで眠れない。ハッキリとは言いずらい・・・。散々に調査したあげく、防音に変えたよ。しかし、静かすぎてかえって気になる!と元通りに。

ヘジュさんは露骨に支配人にアピール中。しかし、支配人が見合いすると聞いてショック。みんなして覗き見して、帰るところを直撃。一緒に飲みましょうって、支配人の酒癖の悪さを暴露する作戦か!!

ヘジュさんが好きなヨンチョルさんが、急に真面目になっちゃってなんで?

スジョン、イベクと気まずくて避けてしまう。理由が分からないイベクは???です。


112話
相変わらずラブラブなキベクとミホ。しかし、キベクがミホを抱き上げようとした出来なかった。太った?のが気になるミホ。ダイエット開始するも、「食べたい」の視線で一緒に食事する家族は大変。
で、キベクが体を鍛えて、軽々と抱きあげれば「軽くなった」と納得するということで、鍛えるキベク。御苦労さま。

マルニョンさん。ちょっと強気なコックさんと出会いますが、ひったくりにあったのを助けられたりして、恋?このコックさんが転職してきたから、大変だ。

イベクはスジョンが遊んでくれないのが不安。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 止められない結婚 | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

止められない結婚109・110話

109話
フロントチームがマルニョン宅に招かれた。宝石をサンミが褒めたら、「あげるわよ」っとあっさり。太っ腹すぎるわ。しかし、ミホは「嫁の私には?」となるし、イベクはスジョンさんに上げたいな~。
イベクやキベクが「指輪を買うよ」って言い出して、もめ始めた。じゃんけん大会やくじ引き大会に。結局、卓球大会で勝ったのは家政婦さん。
でも、マルニョンさんが直しに抱いたら、思ったより高価な物。で、安い奴に入れ替えてプレゼント~。
友人の保証人で貧乏なちゅんちゃん。でも、オクヒに可哀想がられて小銭をポケットに入れてもらうのは悲しいな。


110話
なかなか進展しないスジョンとサムベク・イベクの三角関係。やっと少しだけ動き始めました。正直、かなり切ない関係で、先が楽しみ!どうなるのかな?

いつもの3人。イベクはスジョンをほめて、サムベクは意地悪を言う。すねるスジョン。
あのラブレターがとうとうスジョンの手元に渡りました。でも、名前書いてなかったのか~。「誰かが思ってくれてるなんて素敵」と喜んでるスジョンを見て、「今がチャンス!告白する!」と盛り上がるイベク。
でも、「どんな告白が好き?」と会話してる時に、「何でもしてあげたい」というラブレターと同じ文面を言っちゃったから、さすがのスジョンも気がついたよ。次の日の「今日会ってほしい」というメモの字も、レブレターと一緒だし・・・。
ついつい避けちゃうスジョンを見かけたサムベクが、「どうしたの?もしかして・・・」と聞こうとして聞けないで、笑ってごまかしちゃった。スジョンの方は「知ってたの?」と、それがショック。でも、笑ってるけどサムベクも切ないな~。
スジョンのためにってギターの練習するイベク。だけど、スジョンはなかなか決心がつかないで、待ち合わせ場所に行けない。ためらってるのを見てたサムベク。会いに行こうとするスジョンを捕まえて「行くな(腕つかんでカジマ~って、韓国ドラマでは定番だよね。)」って、ええ????告白しちゃうの?と思ったら、「兄さんを傷つけるなら行くな。都合が悪いって言え」なのか~。で、代わりに「兄さん、スジョン都合が悪いって連絡があった。誤ってたよ~」とイベクのところへ。兄さんをがっしり抱きしめるやさしいサムベク。
でもね、スジョンは「カジマ~」って止められたことで、気持ちがサムベクに傾いちゃったみたいなんだよな~。イベクのラブレターもすごい愛がこもってて良いんだけど、やっぱサムベクとなのかな??ハルクなスジョンを好きだと言ってくれるってのはポイント高いよなあ。

キベクとちゅんチャンと支配人。条件も良いし、カッコヨイし、なかなかの3人組。しかし、超負けず嫌いな上に、ちゅんチャンがあほなことばっかり言うんで、それに張り合っちゃって大変なことに。


クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 止められない結婚 | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

止められない結婚107・108話

107話
マルニョンが知人を招待するというけど、ミホは料理が出来ない。クグにヘルプを頼んで作ってもらったけど、ちょっと早く帰ってきちゃって大変だ、

支配人の酒癖を直そう!なちゅんチャン。まきこまれたキベクも一緒に、3人とも凄い酒癖で警察のお世話になってしまう。

108話
スジョンが風邪で休み。心配なイベクは、「見舞いに行こう」とサムベクを誘った。「嫌だよ。学校行くよ」といいつつ心配で電話するサムベク。口の悪いことしか言えないんだけどね。心配のメールの文面にも悩むほどに好きな癖に~。まったく!!
サムベクに断られたイベクは、ミホさん実家に帰らなくて良いの?と誘って、キベクと一緒に行くことに。
でも、マルニョンさんの具合が悪くて、直ぐに帰ることに。ミホは「お父さんだって寂しい思いしてるのに」ってキベクと喧嘩になっちゃいます。
ケンカで空気が悪いのを気にして、捨て身で笑いを取るマルニョンさん。

スジョンを見舞ったら、薬が落ちちゃったとチェストの下の隙間を見てるところ。代わってあげたら、そこからイベク描いたラブレターが!なんで?亡くしたと思ったのに?パニックなイベクは、そのまま戻しちゃったよ。
サムベクは、「どうせ自分じゃ渡せないんだから良かったんじゃない?」というけど、やっぱ取り返そう!なイベク。
しかし、キベクの浅知恵で手紙がチェストにくっついちゃった!傷があるからアフターサービスに持って行く!とチェストごと持ち出したのに、手紙は途中で落ちちゃってる。オクヒが拾ったけど、「後であげよう!」ってカバンの中に入れた。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 止められない結婚 | 19:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

止められない結婚105・106話

105話
スジョンに喜んでほしくて、フロント・チームに奢ってばかりのイベク。給料足りないでしょ。スジョンだけ誘えば?なサムベクが、助けようと「兄さんが食事したいってさ」と言ったのに、「フロントのみんなと・・・」と言ってしまうイベク。
スジョンとデートしてみたいなあ~なイベク。見ててじれったいサムベクは、スジョンに電話して、「明日話があるっていうから時間を空けろ」と。またフロントチームと・・・と言っちゃうイベクを見て、「明日、兄さんと遊ぶぞ」と代わりに言うサムベク。
俺達チームのユニフォームってトレーナーを買って、自分は肩にかけるだけにして、イベクとスジョンをペアルックにしてあげるサムベク。でも、スジョンとサムベクは似合ってるんだよなあ。
ピアノ習いたいっていうスジョンに、「兄さんも習いたいって。一緒に」とサムベク。こんなにフォローしてるのに、「サムベク、スジョンを送って。俺は急用が・・・」ってイベクよ~。バス停までしか送ってあげないサムベクだけど、心配なんだね。そんな切ない顔をするな~。
イベク、急用ってピアノの教本かよ!
しかーし、ミホがフロントに戻ってこないから、スジョンは時間がなくて習えない。「私の分まで頑張って」とか言われて、ええ?なイベク。

家にいると、皿割ったりのミスばかりのミホ。フロントに人が足りないのもあるし、出社してもらうことに。それなのに、ミホは「家にいたい」とか言う。ええ??だよな。迷惑だって。


106話
サベクにくっついてる二人組。親が良い仕事してると聞いて、急に優しくなるマルニョン。しわ寄せがミホの所に。

サンミさん腰を壊して手術費がいる。ちゅんチャンが友達から借金して用立ててくれた。
それもあって、ちゅんチャンといつもみたいに軽く扱えないサンミさん。周りが「ちゅんチャンはサンミさんが好きなんじゃ?」とかいうから、意識しちゃうよね。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 止められない結婚 | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

PREV | PAGE-SELECT | NEXT