FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

空くらい地くらい91~95話

やっぱりウナはいい子だな~。ムヨン、ウナとくっついた方が幸せになれる気がするんだよねえ。親の問題はあるにしろ、明るくて、人の痛みに敏感で、ムヨンを追い詰めない。
ジスは無理矢理結婚することで、気持ちを確かめるようなことをしてるのが嫌い。せっかくムヨンが新しい人生で頑張ってるタイミングってのも最悪。



あらすじ(公式から)
第91話 花かご攻勢
翌朝ユン家ではヘギョンがいないことに気づき、早朝からどこに出かけたのかと皆が驚いていた。ミョンジュはミエの目の前で「効果がありそうだわ」と、例の漢方薬を飲んでみせる。それを見たミエは、こっそり普通の漢方薬を買いミョンジュの漢方薬とすり替えてしまう。ボンレはスニムに、ミョンジャの食堂に援助することが気に入らないなら白紙に戻すと言い出す。ミョンジャの件は了解しているスニムだが、ミョンテを金で釣ることはやめてほしいと言う。もちろんボンレもそのつもりで、ミョンテに回すお金はないと言うのだった。ミョンテはボンレから、事業計画書を書くための市場調査の交通費という名目でまとまった金をもらい、その金で洋服を新調する。そして友人たちに酒を振るまい投資案件がないかと聞き出していた。ヘギョンは家族に心配してもらおうと、ヒョンスクに頼み病院に入院していることにする。ヘギョンが病院にいると知ったジェドゥはウンジュと一緒にあわてて病院へ。ヘギョンを家に連れて帰り介抱するジェドゥ。
第92話 好きになる努力
ヨンミンからパク企画に花が届く。ジス宛に贈られてくる花は1週間続いていた。さすがのジスもヨンミンに連絡を取り一緒に食事をすることに。素直に喜ぶヨンミンを見てジスは「あなたを好きになれるよう努力する」と話す。自分も誰かを幸せにできることに気づいたと言うジスに、ミョンジュは何も言えない。同じ日、ジスは入院中のヨンミンの母の見舞いにも行きヨンミンを喜ばせる。その頃ミョンテはシワが取れるという高級化粧品に投資しようかと考え始めていた。テレビショッピングで売れば大もうけできるかもしれない。投資話に乗ったミョンテは、その友人に“事業計画書”を書くように言う。一方いつまでもやけどが治らないフリをしているミエ。ミエの魂胆が分かるミョンジュは彼女と対決姿勢。そんなミョンジュにジョンフンが、丁寧語で話し出した。理由を聞くと、ジョンフンがミョンジュを生徒扱いするから子供たちにもナメられると言うのだった。ヘギョンは昨夜家に帰らなかった理由は愛人がいるからだとウソをつき、それを聞いたジェドゥはびっくり。今日から寝室で一緒に寝ると言い出した。一方ジスは、明日ヨンミンを家に招待したいと家族に話す。
第93話 新ナリ食堂開店
ヨンミンの誠意に感動して彼の気持ちを受け入れることにしたと言うジス。ジスはムヨンへの気持ちを整理したいと思っていた。ジョンフンは、ジスが周りに流されて決断したのではないかと心配する。彼は父親としてムヨンよりも条件のいい男を望んだのではなく、ジスと釣り合う平凡な人を望んでいた。一方、ヘギョンはジェドゥと一緒には寝られないと、ソファで寝ていた。それを知ったジェドゥはがっかりする。ウンジュが関わっている映画が、日本のマンガの盗作だという噂がネット上に流れた。チョン監督のオリジナルで、噂はデマだと信じたいウンジュ。新・ナリ食堂の開店日が来た。ウナが開店祝いに花を持ってナリ食堂を訪ねるが、ウナがウンジュの妹だと知ったスニムが怒り出し、ウナはいたたまれなくなって店を出る。そんなウナにムヨンは大学受験を考えていると話し、ウナは協力を約束する。夜、ジスは両親と一緒に新・ナリ食堂の開店祝いに行く。その頃ミョンテは友人に書いてもらった事業計画書をボンレに提出していた。だがボンレにはミョンテの姑息さはお見通し。お金を出すだけで苦労をしようとしないミョンテにボンレはきつい一言。まずはナリ食堂を手伝えと言うのだった。
第94話 試写会にて
ソジョンと一緒に試写会に行ったウナは、そこでジスとヨンミンが一緒にいるのを目撃。ウナはムヨンとジスの別離を望んでいたのに、いざジスが他の男と一緒にいるのを見ると素直に喜べない。それはムヨンの気持ちを推し量ってのことだった。ナリ食堂も2日目をむかえた。スニムは食堂を手伝った後、頼まれて子供を預かる。だが公園でうっかり居眠りしているうちに、その子供が行方不明に。パニックを起こしたスニムはナリ食堂に電話を入れる。ミョンテは相手にしないが、ムヨンはすぐに駆けつけ子供を捜しスニムを安心させる。このことですっかりムヨンを見直したスニム。それにひきかえミョンテは自分の得になることしかしない。一方ジスはヨンミンを家に招待する。ジスの母親としてミョンジュが出てきてヨンミンはびっくり。ソク家での晩餐を楽しんでヨンミンは感激して帰る。そして今度はヨンミンの父親がジスの両親を招待したいと言い出した。
第95話 結婚へ
ウナはジスがヨンミンと付き合っていることで、ムヨンに対して自分にも望みがあるかもしれないと思い始めた。ムヨンにさりげなくジスのことを聞いても、興味なさそうにするだけ。一方、前の晩に酒を飲んで帰宅したジェドゥは酔って自分の書斎で寝てしまう。夫婦同じ寝室で寝ることを目標としていたのに、うっかりしていたのだ。ソク家では、ヨンミンの父がジスの両親を招待したがっているという話で、ジウンたちが興奮していた。だが、ジョンフンはジスが急ぎすぎているのではないかと気がかりだった。ジスは両親が許してくれるなら、婚約でも結婚でも構わないと言い出す。ミョンジュもジスが焦っているのではないかと心配していた。サンヒョンはウンジュから、ジスとヨンミンが結婚するらしいと聞き、直接ジスに電話をして確かめる。「多分、結婚する」と答えるジスに「おめでとう」と言いながらもムヨンの気持ちを知るサンヒョンは複雑だった。ミョンジャはボンレから預かったお金でスニムに携帯電話を買ってあげる。ボンレよりもミョンジュからのほうがスニムが喜ぶだろうというボンレのはからいだった。思いがけないプレゼントにスニムは大喜び。ソク家では両家の顔合わせが土曜日に決まり、大喜びのジウンはムヨンに電話を入れてジスの結婚のことを話す。ジスとヨンミンが本当に結婚してしまうと思った瞬間、ムヨンは自分でも驚くほど動揺していた。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 空くらい地くらい | 18:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

空くらい地くらい86~90話

やっぱり、ジスといるときよりウナと居る時の方が、ムヨンは表情豊かだし良く笑うんだよね。年相応に見えるっていうか、無駄な背伸びをしてない感じ。だから、似合ってるなと思っちゃうんだよなあ。
友達として二人で笑いあってたシーンが遠い昔すぎるのかなあ~。友達の時も、ジスがせっきょうするばっかりで上下関係がある感じだったしなああ。
だから、ムヨンがジスを好きってのがイマイチ共感できないんだな。長い年月の重みがあるほど、二人に「共通する色」みたいなのがないのかな?友達同士って、そういうものがあるでしょ?性格が真逆でも、同じ空気を吸ってきたって感じがある。ハン・ヒョジュちゃんは美人で可愛いし庶民的なところのある女性を演じることが多いけど、周囲の人の関係性を雰囲気で魅せたりするのが苦手なのかな~。美人過ぎて自己完結しちゃってる感じのキャラになりがちな気がします。
サンジュンとウンジュはあれだけ境遇違っても、「同じ空気」をなんか持ってるんですよね。惹かれあうのも分かるって感じ・



あらすじ(公式から)
第86話 家族の顔合わせ
ヨンミンが突然ソク家を訪ねてきた。応対に出たジスにヨンミンは「ご両親に会いにきた」と言う。ヨンミンは、ジスが今一人でいるなら受け入れられるよう努力しようと決意したのだ。ヨンミンは「君を決して傷つけない、努力する」と話し、ジスは「時間をください」と答える。一方、ジスに想いを寄せているのがセジングループの次男だと聞いて、スニムたちは驚く。ミョンジャは、ムヨンの気持ちを思うと少し切ない気もする。だがもともと、ジスは高嶺の花だったのだとも思う。スニムは、嫁のミエが相当手ごわそうだったとミョンジュを心配していた。苦労させるために嫁にやったのではないと気をもむスニム。キム家の皆が帰ったあと、ミエは一計を案ずる。まだ料理も残っているし、ソク家とキム家の従兄弟同士で集まろうというのだ。若者だけで楽しむと言われたジョンフンとミョンジュは映画を観に家を出て行く。従兄弟の若者同士、親睦を深めようというミエの提案はジスにとっては気の重いものだった。ムヨンと顔を合わせなければならない。
第87話 2人の過ごした時間
ソク家を訪ねる途中、ムヨンとサンヒョンはヨンミンに会う。ヨンミンがジスに積極的に出ていると知ったサンヒョンは、ムヨンにこれでいいのかと尋ねる。だがムヨンは、これでいいのだとそっけない。ソク家ではジウンやミエを交え従兄弟同士が食卓を囲む。だがジスにはミエの意図が透けて見え、白けてしまい機嫌が悪い。サンヒョンとムヨンが“実の兄弟に見える”など、ぶしつけなことを言うミエにもイライラさせられ、彼女は途中で退席してしまう。サンヒョンは帰り道、「ジスが望んでいるなら受け入れるべきだ」とムヨンに言うが彼は「俺を想うジスの気持ちは、そのうち終わる」と言うだけだった。家に帰ってきたミョンジュはジスに「あなたの気持ちが一番大事なのよ」とジスを慰める。一方、翌日ジョンフンはヨンミンを呼び出していた。ヨンミンの積極的な態度がジスを苦しめている、そっとしておいて欲しいと言われたヨンミン。だが彼は「待つことを許して欲しい」と言う。一方、ナリ食堂を訪れたジスは、ムヨンとウナが仲良くしているのを見て声がかけられない。
88話 高卒認定試験 結果発表
ムヨンとウナの仲のよさそうな様子を見て、黙って帰ってきたジス。彼女は自分のことが負担なら、ムヨンのために忘れてあげようと思う。ジスはムヨンの笑顔を見れば、彼のことを許せそうな気がするのだ。ジョンフンとミョンジュがダンス教室に顔を出すと、ジェドゥとヘギョン夫妻がいた。初めてダンス教室で顔をあわせた2組は、終わってから一緒に一杯飲むことに。その帰り道、ムヨンに気づいたミョンジュは、甥と話をしようと車を降りる。ミョンジュはジスとムヨンが苦しんでいても、何も力になれないとつらい胸のうちを語る。だがムヨンにはミョンジュの優しい言葉が胸にしみた。一方スニムは、ボンレに露骨に擦り寄るミョンテの態度に、ボンレがお金でミョンテを釣ったのだと思い始める。ミョンジャもテシクも、ボンレとスニムの仲が悪くなってしまうことを懸念してミョンテを注意するのだが、彼はお構いなし。酒を飲んで酔ったヘギョンを家で気遣うジェドゥ。最近距離を縮めつつある両親の姿を見たウンジュはうれしい気持ちになる。ムヨンとウナは2人とも高校卒業認定試験に合格する。
第89話 ミョンテ暴走開始
ウナが高校卒業認定試験に合格したことで、ユン家には笑顔があふれていた。次は大学受験だが、ウナも欲が出てきたようで張り切っている。キム家でもムヨンの合格に皆が喜んでいた。サンヒョンは気を利かせジスにも連絡を入れる。知らせを聞いたジスは、ほっと胸をなでおろす。ミョンジュは台所でミエに軽いやけどをさせてしまい、恐縮していた。ミエは大げさに騒ぎ、ミエの母にもミョンジュは悪い姑と思われているようだ。ミョンジュは自分は構わないが、ジョンフンを悪く言われないか気にしている。ムヨンはボンレの焼肉食堂で短期で働き始めた。働きながら色々学びたいというムヨンを頼もしく思うボンレ。それに引き替えミョンテは、ボンレの許可なく自分は社長の一人息子だと大きな態度を取り、レジを担当すると言い出す始末。ボンレはスニムに会いにいくが、すっかりすねてしまったスニムはボンレとはもう縁を切りたいと言い出す。ボンレはミョンジャとテシクを連れてある店へ行く。ボンレの持っている店のひとつがちょうど空くことになったのだ。そこにミョンジャたちの新しい店をオープンさせることに決める。一方、ソク家にスニムが訪ねて来たが・・。
第90話 素直に喜びたい
妊娠しやすい漢方薬をわざわざ作らせて持ってきたスニム。それを見たミエは、ミョンジュに子供を作られては財産の取り分が少なくなると焦る。スニムは、ジョンフンが死んだら子供たちとは他人同士、このままだと寂しい老後が待っているとミョンジュを脅す。頼りになるのは自分の産んだ子供だけだと言うのだ。一方、ジョンフンとミョンジュに子供ができたら孫のミナよりも年下になると、ズケズケと言いたい放題のミエにジョンフンも憤る。怒りのたまったミョンジュにジョンフンは、「俺たちも子供を作ろう」と言いだす。彼はミョンジュに、ミエに怒ることは怒り、姑らしく言いたいことは言えと励ます。ヘギョンはウンジュの見合い相手に未練があった。そんなウンジュの結婚にこだわるヘギョンをジェドゥは諌める。それよりも自分たちが幸せな夫婦の見本となるべきだと話すジェドゥ。すっかりスネてしまったヘギョンはプチ家出、わざと家族に心配をかけようとホテルに泊まってしまう。ムヨンは、サンヒョン、ウナ、ウンジュと一緒に高卒認定合格を祝う。一方ミョンテはボンレに金を無心していた。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 空くらい地くらい | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

空くらい地くらい76~85話

かなり、放送から遅れてしまっているので一気にまとめてみました~。
大きな問題は借金問題ですね。ウナが助けたいというけど、受け取る方にもプライドがあるしと両親は反対。この両親が、教授の方の歩み寄りで夫婦関係が改善されてきて、ウナの過程は落ち着いた良い感じになってきましたねえ。
ムヨンも、恋してるのはジスかもしれないけど、ウナの笑顔を見ていると「彼女だけには笑っていてほしい、幸せになってほしい、悲しい思いをさせたくない」と思うみたい。完全に情が移っている感じで、これはウナの方から離れないと無理だろうなあ。ま、大学行ったら変わるか・・・

ミエとミョンジュの嫁姑戦争。ミョンジュが「教育しなおす」と強気に出て、なんとか収めようとしてます。

借金騒動で一度は仕事する気になったミョンテ。良い面もあったね~と思ったら、さっそく実母の素性調べにもどってしまって、ほんとダメ!!

ジスとムヨンはなかなか上手くいきませんねえ。ヨンミンがあらわれたことで、ジスはより鮮明に「ムヨンが好き」と表に出す口実が出来た感じ。でも「自尊心が傷つけられただけじゃない」とかヨンミンを批判してたけど、あんた何さま?他人の気持ちを勝手に断定するのは悪い癖だよねえ。私には、ジスもムヨンに対して上から目線に感じるんだよな~。ずっと一緒だった。私たちは一緒に育ったといいつつ、なんか対等な関係じゃないんだよね。
ムヨンはウナを捨てられないし、ジスに似合ったヨンミンがまだいるならジスを手離さなきゃって思うみたいだし、ことは厄介になりました。まあ、盛り上がってくればムヨンも無茶をするからいいんだけどね・・・。



あらすじ(公式から)
第76話 ミョンジュの闘い
ジスの前にいきなりヨンミンが現れた。ジスに電話をもらってからすぐに帰国したと聞き、ジスは驚く。話がしたいというヨンミンに、ジスは話すことも聞きたいこともないと冷たい態度。一方、ミョンジュはミエを呼び出し、話をすることに。自分を嫌うミエに、一緒に暮らしたいなら協力しあうべきだと話す。ミョンジュとミエの仲たがいは、ジョンフンとジウンの仲まで壊すことになる。今朝のようなことは1度なら許すが、2度目は許さないとクギを刺す。ナリ食堂に現れたウナ。ガラの悪い男たちがいて、すぐにムヨンに連れ出される。ムヨンやサンヒョンの様子に、何か困ったことが起こったのだとウナは思う。サンヒョンは両親を助けるために自分が代わりに返済をすると言い、両親が留守の間に支払い覚書を交わしてしまう。それを知ったミョンジャとテシクはあわててヤミ金融業者へ。結局、サンヒョンに迷惑をかけないために、食堂を手放すことを決めてくる。ソク家では、ミエが実家に帰ってしまったとジウンが騒ぎ出した。ミョンジュのことが原因で夫婦ゲンカになったというのだが・・。
第77話 食堂を手放す?
店の保証金を返済にあてて、窮地を乗り切るつもりのミョンジャ。家族は皆反対するが、彼女はサンヒョンに迷惑をかけることだけはしたくないのだ。皆に合わせる顔がなく落ち込むテシクを、ムヨンが壁紙張りの仕事を一緒に頑張ろうと励ましていた。ミョンテはボンレに相談してみてはとスニムに提案するが、心配をかけるだけだと言われてしまう。さすがのミョンテも家族の窮地に、ボンレが勧めた駐車管理の仕事をやってみようと考えていた。一方ジョンフンはジウンにも、ミエの実家に戻るように勧める。ミエの実家には戻れないと話すジウンに、ジョンフンはそれなら独立しろと言う。ジウンに電話を入れたミョンジュは、ジョンフンがジウンたちに独立を勧めたことを知る。ユン家では夫婦の仲を取り戻そうと、ジェドゥがヘギョンにダンスを一緒に習おうと提案していた。ヨンミンはパク企画の前でジスを待っていた。そして気乗りしないジスを店に連れていく。自分は以前とは変わったと話すジスに、ヨンミンは「今、好きな人がいるのか?」と質問する。
第78話 あなたはどこに
ジスはヨンミンを心から愛せなかった理由は、心の中に他の人がいたからだと語り始めた。ヨンミンは相手の名を尋ねるが、ジスは答える必要はないと言って帰ってしまう。サンヒョンと待ち合わせた店で、ウンジュは酒を飲んでいるヨンミンに気づき声をかけ、彼が帰国したことを知る。ウンジュはサンヒョンに、ヨンミンがかつてのジスの恋人だということを説明する。実家に行ったミョンジュは、借金のためにミョンジャがナリ食堂を手放そうとしていることを知る。彼女はスニムから、頼れるのはあなただけと言われ、何とか力になりたいと思い姉に会いにいく。だがミョンジャは息子たちと一緒に解決できる、夫の顔を立てて知らないフリをしてほしいとミョンジュに頼むのだった。その頃ミョンテは、ボンレの食堂で駐車管理の仕事を始めていた。だが要領が悪く、仕事をうまくさばけない。ムヨンは屋台で一人で飲んでいるジスから呼び出され駆けつける。酔ったジスは、ムヨンは私のそばにいるべきだと彼に対しての苦しい胸のうちを語る。だがムヨンはジスの気持ちに応えられない。ジウンはミエを迎えに行くが、娘のミナだけを連れて帰ってくる。ミエがいないので、仕方なくミナの面倒を見るためにミョンジュは会社を休むハメに。
第79話 Shall we dance?
ミナの面倒を実家の母スニムに頼み、ミョンジュは家を飛び出す。一方、ジョンフンはジウンとミエを会社に呼び出し、2人に離婚するつもりかと問いただしていた。ミエは「お義母さんに出て行けと言われて悲しかっただけです」と実家に帰った理由を話す。そんなことより本音を言えといわれ、とうとうジウンは早めに財産を分けてほしいと言い出した。彼らの目当ては土地だった。ちょうどそこへミョンジュも現れる。ジウンとミエを帰したあと事情を聞いたミョンジュは、自分にチャンスをくれと言う。彼女はジョンフンのためにも、ジウンとの仲を修復させなければと思っていた。そしてジウンとミエと良好な関係を築けた時に、彼らを独立させてほしいと頼む。早速ミョンジュはミエを呼び出す。彼女は「親不孝者に財産をやる必要はないわ」「私を認め、好きになってくれたら望むものを渡しましょう」とミエに言うのだった。ウンジュは母の友人ヒョンスクに呼び出され、見合いをしないかと言われていた。ユン家ではジェドゥとヘギョンがダンス教室に通い始め、娘たちもそれを微笑ましく思っていた。一方、ヨンミンがジウンの店に現れる。
第80話 私はお金持ちよ
ジスを呼び出したジウンは、ジスの口からはっきりとムヨンが好きだと聞かされる。ミョンジュはジョンフンとミナと3人、邪魔者なしの新婚気分を味わっていた。ミナを可愛がるミョンジュを見て、ジョンユフンは子供のことも考えようと言う。ダンス教室を終えて岐路につく車の中でヘギョンは笑顔だった。思いのほかダンスが楽しかったのだ。ジェドゥは「君が子供に執着したのは、私が無関心すぎたせいだ」と、これまでのことを謝る。ジウンとミエがソク家に戻ってきた。2人は自分たちが浅はかだったと謝り、ミョンジュもこれを受け入れる。ジウンから、ジスがムヨンを好きだと言ったと聞いたジョンフンは、実はこうなることを以前から恐れていたとミョンジュに話す。ジスとムヨンには友達同士でいてもらいたい、それが父の願いだった。ジウンからムヨンの連絡先を聞いたヨンミンは電話をし、会ってほしいと告げる。ウンジュは見合いの話は断るとヘギョンに言っていた。一方、スニムからミョンジャが食堂を手放すと聞いたボンレはあわててナリ食堂へ。ボンレは「私はお金持ちなの、借金を代わりに返してあげる」と、ついに自分のことを話す。だがミョンジャはボンレの話を本気では取り合わない。サンヒョンに会い、さらに事情を聞いたボンレはスニムにも自分のことを打ち明ける決意をする
第81話 宝くじ当てた
ジスにヨンミンの父、チャン会長から電話が入り2人は会うことに。その頃ジョンフンはスニムを食事に誘い、今度の日曜日に家に来てくださいと正式に招待していた。そして“父母の日”を明日に控え、ジョンフンからお小遣いまでもらったスニムは大喜び。一方、ヘギョンは整形外科医へ。実はこの整形外科医はウンジュの見合いの相手。どんな人物かあらかじめ偵察に来たのだ。彼に好印象を持ったヘギョンは見合いの話を進めてもらうことにする。ボンレのあとをつけまわしていたミョンテは、とうとうボンレの家を突き止める。彼女の家に上がりこんだミョンテは「私を尾行していたのは、お金のにおいを感じたからでしょ」とボンレにズバリ言われてしまう。それにスニムの気持ちを考えたら、こんなふうに来られないはずだと言われてもミョンテは反省もない。ミョンジュがナリ食堂にやってきた。彼女はミョンジャにとりあえず用意した2000万ウォンを渡そうとする。だが、もう契約は済ませたと言ってミョンジャは受け取らない。そこへジョンフンがやってきた。今度の日曜日に家に招待すると言われ、テシクたちは喜ぶ。ボンレの家からナリ食堂へ直行したミョンテは、ボンレ母さんは大金持ちだった!とミョンジャとテシクに打ち明ける。
第82話 父母の日
ヨンミンとの待ち合わせに現れたムヨン。ヨンミンは彼に、ジスの好きな人がどんな男か知りたかったと話す。「あなたの気持ちは?」と訊かれたムヨンはジスのことは好きだが、ただの友達でしかないと答える。ムヨンはジスの気持ちを断りたいのではなく、断るしかないのだと自分の心境を語る。ジスのことはあなた次第だと言われるヨンミン。その頃ジスも、ヨンミンの父チャン会長と会っていた。チャン会長から「うちではもう誰も2人の結婚に反対しない」と言われるが「家族ではなく私の気持ちの問題です」と答えるジス。彼女の気持ちがヨンミンにないと悟ったチャン会長だが、息子にチャンスをくれないかと頼む。同じホテルでムヨンと、またヨンミンと会ったジスは2人が会っていたことを知る。父母の日のプレゼントに、ミエからセクシー下着をもらったミョンジュは困惑する。ミョンジャとテシクは、サンヒョンにボンレのことを確認、彼女が本当に裕福であったと知る。ボンレはスニムに会い、少しばかりお金があるのでミョンジャたちを援助したいと話をする。ミョンジャを助けてもらえるなら願ってもないと思うスニムは大喜び。ナリ食堂に行ったボンレは、ミョンジャから父母の日のカーネーションをプレゼントされ感激する。
第83話 親の心 子の心
カーネーションをもらったボンレは、あなたがしてくれたように私もあなたのために何かしたい、援助を断らないでくれと話す。ボンレは所有する食堂2軒のうちのひとつをやってみないかと提案。だがミョンジャもテシクも、苦労して貯めたお金は自分のために使ってくださいと欲がない。ミョンテだけが、おこぼれにあずかろうと必死だ。その頃、ジウンはミョンジュを呼び出し、ジスのことを相談していた。ヨンミンと結婚させるために力になってほしいと言うのだ。だがミョンジュはジスの結婚は彼女の気持ち次第だと答える。ユン家ではヘギョンが、イヤがるウンジュに見合いに行けと言い出していた。一方、ボンレに呼び出され彼女の家へ行ったムヨンは、彼女からある提案をされる。ミョンジャたちを説得し、ムヨンが率先して何か商売を始めなさいというのだ。そこへやってきたミョンテも部屋に通され、彼は先にムヨンがいることに驚く。ムヨンを見送りながら、ミョンテはボンレに「あいつは他人なのに」と言いだす始末。
第84話 熱
パク企画に現れたヨンミン。ジスと話がしたくて直接会社までやってきたのだった。ジスは「どんなに家族に反対されても、あなたのことが好きだったら待てたはずです」と告げるが、ヨンミンは「結婚してくれ」と言い出す。ジスがムヨンにふられたことも理解していると話すヨンミン。ジスはヨンミンがムヨンに会ったことは、自分のほうが勝っていると確認しただけのことで利己的だと非難する。ムヨンにふられても彼を理解しようと努めている、それが愛する人への礼儀だと話すジス。その頃ウンジュは見合いをしていた。相手は離婚歴のある整形外科医。見合いを終えたウンジュはサンヒョンに連絡を入れ、車で彼を迎えにいく。海に行った2人はお互いにまだ愛していることを確認する。ムヨンと会ったジスは「私にあなたを愛するチャンスがほしい」と言う。だがムヨンは、本当のことを話すと言い出した。彼はジスとは本能的に結ばれないと感じていたと言う。学歴も職歴もない自分との交際は、必ず周りが反対する。悪者にされるのはもうイヤだ。ムヨンは周りからの偏見に抵抗するのに疲れていた。彼は面倒なことは避け、静かに暮らしたいと言うのだった。またヨンミンのような完璧な男と自分を比較して、惨めな気持ちになるのも嫌だった。ジスは「私のことより自分の自尊心が大事なのね、あなたのことは許さない」と涙を流す。家に帰ったジスは、疲れから熱を出すが・・。
第85話 ムグンジ料理
ムヨンを好きになってはいけないという意外な父の言葉に驚くジス。ムヨンはいい奴だが娘の結婚相手としては認めない、とにかくムヨンはダメだと言う父は、それ以上の理由を語ろうとしなかった。俺も普通の父親だ、娘に苦労してほしくないと話すジョンフン。それはムヨンの重荷を娘に背負わせるわけにはいかないという父の正直な気持ちだった。父は自分の味方で、一緒に偏見に立ち向かってくれると信じていたジスの失望は大きかった。ミョンジュはジョンフンの発言は娘を愛しているからで、本当はあんなことは言いたくなかったはずだと慰める。ジスはムヨンを愛することは彼を傷つけることになるのだと初めて知るのだった。甥のムヨン、義理の娘ジスのことでもあり、ミョンジュも複雑な心境になる。その頃ムヨンは両親に、ムグンジを使った創作料理の店をやろうと提案。ミョンテは自分に援助させようと、ボンレの肩もみをしたり機嫌を取るのに必死。ウンジュはサンヒョンと夜を共に過ごし、夜中にこっそりと家に帰る。彼女はヘギョンに、友達とレイト・ショーを見に行ったと言ってごまかす。スニム、ミョンジャ、テシク、ミョンテの4人は招待されてソク家へ。その間、サンヒョンとムヨンはボンレの家に行き新しい店のことを相談していた。


クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 空くらい地くらい | 18:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

空くらい地くらい74・75話

74話 イさんはどこに?
テシクは、かつての従業員イ・ギュソンが借金を返済できない場合、代わりに支払うという覚書を書いていた。そしてイ・ギュソンと連絡が取れないヤミ金融業者がナリ食堂に取り立てに来たのだった。不安な表情を見せるミョンジャをごまかし、イ・ギュソンの家を訪ねるテシク。だがイ・ギュソンは留守だった。
ジェドゥは妻ヘギョンを連れて、ジョンフン、ミョンジュ夫妻との会食に出ていた。妻との仲を修復しようと思っているジェドゥは家に帰ってからもヘギョンに優しく接する。30年の結婚生活を後悔で終わらせたくないと彼は思っていた。ほほえましいですよね。がんばれ!

スニムはミョンジュのためにおかずをたくさん作り、それをムヨンに持たせてソク家へ届けるように言う。ムヨンはマンションの下でジスを呼び出し、おかずを取りにきてもらうがジスの態度はよそよそしい。ジスは「私にどうしてほしいのよ?」って怒ってたけど、どうなのかな。ムヨンは「会えないのは寂しいけど、ジスにふさわしくないとかんじながらそばにいるよりも、たよってくれるウナといるほうが楽」ではあるんだよな。
ウナは覚悟の上で、自分に正直に頑張ってるとおもうので、しあわせになってほしいなあ。
翌朝ソク家では、姑ミョンジュと嫁ミエがもめていた。ミョンジュは今日の朝食担当はミエだと思って寝坊をするが、ミエも寝坊を。そしてミエは「今日からお義母さんが朝食を作ると言ったのに、私が寝坊して作っていないと言って責める」と言って泣き出す。


75話 テシクさんの性格
ミョンジャとムヨンがナリ食堂へ行くと、開店前だというのにヤミ金融業者が待っていた。彼らは店に入り込み、金をもらうまで出て行かないと言って居座る。その様子にムヨンは事情を察する。遅れて店にやってきたスニムも事情を知る。その頃テシクは入院中のイ・ギュソンを訪ねていた。交通事故に遭った彼は仕事ができなくなっていたのだ。気の毒な境遇のイ・ギュソンに、有り金を見舞金として渡すテシク。気落ちして公園のベンチに座り込むテシクにムヨンが気づき、父を励ます。
パク企画に花が届く。ミョンジュあてのその花はジョンフンからだった。朝から不愉快な思いをしたミョンジュを労わっての贈り物に、ミョンジュは感激し幸せを実感する。
一方、ナリ食堂では、居座るヤミ金業者に腹を立てたスニムが、彼らの顔に水をひっかけて騒ぎになる。思わずムヨンも殴りかかりそうになるが、母に制止される。もどってきたテシクに事情を聞いたミョンジャはすぐさまイ・ギュソンの病院まで行き、彼から話を聞くがどうすることもできない。
一方、ウナを診た精神科医と話をしたジェドゥは、娘よりも妻のほうが、ある意味深刻だと言われてしまう。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 空くらい地くらい | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

空くらい地くらい72・73話

72話 昔の恋人
チャン・ヨンチェの話とは、アメリカにいる弟・ヨンミンに連絡を入れてほしいというものだった。ヨンミンの母が病気でリハビリ中だが、ジスとの交際を家族がダメにしたと思っているヨンミンはその話を信じないと言うのだ。
一方、ソジョンと会ったことをムヨンに報告するウナ。ムヨンは、妹としか思っていないのを知っていて好意を寄せるウナが哀れに思えると話す。ムヨンはふと、自分もウナに対して同じ気持ちになれればいいのに・・と考えるのだった。そんなことが可能なのか、自分でもよく分からない。
でもさあムヨンって「ウナが笑顔だと嬉しい」って前に言ってたじゃん?「ジスが幸せなら幸せだ」っていうのと変わらんわけで、妹から恋人に変わる可能性も結構あるようにおもうんだよね。ドラマだからヒロインのジスから気持ちが離れるわけはないんだけどね。幼少期からの長い歴史をもっと丁寧に盛り込んでいけば、この二人の恋愛を応援したくなるような気がするんだけどなあ。

ソク家では、新妻兼姑ミョンジュと嫁ミエの “姑VS嫁戦争”が始まっていた。新婚のミョンジュは夫のために食事の支度をしたいのだが、ミエがすべてやってしまい釈然としない。
一方、仕事でイヤなことがあり一人で酒を飲んでいたウンジュは、酔っ払ってサンヒョンを呼び出す。結局、酔ったウンジュをサンヒョンが送っていくことに。サンヒョンが送ってきたのを見て困惑したヘギョンは、ウンジュとはもう会わないようにとクギを刺す。

ジスはヨンミンに電話を入れてみるが・・。これまた、上から目線の説教なんだよなあ。



73話 塩辛いスープ
アメリカのヨンミンに電話を入れたジスは、「お母さんが病気だと聞いたらウソでも帰るべきだ」と叱る。ヨンミンは久しぶりに聞くジスの声に、やはり彼女を忘れられないと再確認。
ミョンジュは夫の朝食を作りたいと早起きする。姑を見下していると思われたくなくて今まで自分が家事をやってきたというミエは「今日からお母さんがやりますか?」と誘導尋問。ミョンジュは「そうさせて」と応えてしまう。だが朝食に作ったスープはミエの妨害工作で大失敗。ジウンやミエの大ブーイングの中、しかしジョンフンは美味しいと言ってミョンジュをかばう。
一方、ウンジュとサンヒョンによりを戻されるのがイヤなヘギョンは、友人にウンジュの見合いを頼んでいた。
ボンレに仕事を紹介されたミョンテは、試しに食堂へ行ってみることに。だが駐車管理の仕事が60万ウォンだと聞いて、やっていられないと想う。
ウナに呼び出された出向いたジス。ウナに会いたくないはずなのになぜ来たのかと聞かれ、2人を憎むと自分が惨めになると話す。ここは、ウナのために悪者になってやれるのが「ほんとうのいいひと」なんじゃないかと思うけど、ウナは「自分を大事にする」ってことに拘りがあって、他人に対しても「自分を大事にしてない」って非難することがすごく多いんだよね。大事な事なんだろうけど、子供っぽくもあるかなあ。自分のだらしなかったりダメだったりする部分を認めることで、大人になれるんじゃないかと思うんだけど。小学生見たいな正義感なんだよなあ。

その頃、ナリ食堂にガラの悪い男たちがやってきていた・・。って、またお父さん・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 空くらい地くらい | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

空くらい地くらい71話 ミョンテの仕事

ジスが「ムヨンのために身を引く」と言ってるけど、違うと思うんだよな~。そもそも、最初の段階で断ったから、ムヨンの気持ちがウナに傾いたわけで・・・。「傷つけられた」とかいうのも、「一番、ふたりを傷つけたのはあんただろ!」とか思ってしまう。
あと、視聴者には「二人は本当は両思い」とわかってるけど、ジス本人が「ムヨンが愛してるのは私」って思ってるのがなあ。その自信はどっからくるんだ?かわいいからか?たしかにかわいいぞ!!でもなあ・・・・



あらすじ(公式から)
ミョンジュの新婚生活がスタート。ミョンジュはジスと一緒に通勤する。途中、駅でムヨンに会うが、ムヨンとジスはどこかよそよそしくミョンジュは不思議に思う。
スニムたちを訪ねてきたボンレはミョンテに仕事の話を持ってきた。その内容は例の食堂での駐車管理や、焼肉の網洗いの仕事をしながら色々覚えていくことだった。食堂で働けば3食タダで食べられるというが、肉体労働はイヤだいうミョンテ。わが息子ながら根性のなさにボンレは情けなくなる。ナリ食堂に立ち寄ったボンレは、ミョンジャとテシクから携帯電話をプレゼントされる。いつでも連絡が取れるようにとの娘の気遣いがボンレはうれしい。
ウナはソジョンに連絡を取り、会ってみる。ソジョンはプレゼントだと言ってウナに髪飾りをプレゼント。ウナはソジョンと、これから友達になれそうな気がする。
一方、彼女はソジョンの話から、ジスがソジョンを説得したことを知る。自分のためにソジョンに会ってくれたジスの気持ちを考えると複雑な気持ちになるウナ。ジスはムヨンを手助けしただけ(ウナにかける時間を短縮したかったという嫉妬心も本当はあるだろう)で、ウナヘの思いやりとかないじゃん・・・。ウナは人が良すぎ。
ジスにチャン・ヨンチェから連絡が来る。話があると言うのだ。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 空くらい地くらい | 16:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

空くらい地くらい67-70話

67話 うれしい新婚旅行
結婚式を終えてキム家ではお祝いが続き、皆カラオケに行くことに。ボンレも家族として扱われ、そのありがたみをかみしめる。ミョンテはボンレが帰ってくることを見越して、焼肉店に先に行き待ち伏せをする。しかしミョンテの行動を見透かしているボンレは、家族の好意に甘えてキム家に泊まるのだった。あきらめてミョンテが家に戻ると、今日はボンレが泊まっていくと言う。ミョンテはいつもボンレに裏をかかれてしまう。
ムヨンは大学検定を明日に控えて、ナリ食堂に行き勉強していた。そこへジスがやってくる。彼女は明日の試験を頑張ってとムヨンを激励し、プレゼントを置いていった。プレゼントの中身はお菓子だった。なんとなくムヨンに遠慮した態度のジスを見て、自分のせいだと分かっているムヨンは複雑な気持ちがする。ジスはウナにも「試験を頑張ってね、応援している」とメールを送る。
姿を見せて心を揺らせるジスは、相変わらずムヨンの受験への気遣いとかないんだよなあ~。
ジョンフンとミョンジュは新婚旅行に出かけた。とにかく、ラブラブの姿は微笑ましいぞ、



68話 意地悪
今日は“高校卒業認定試験”の日。ムヨンはサンヒョンに送られて試験会場へ、ウナにはウンジュが付き添ってきた。ウンジュはサンヒョンと会えるのを見越して、付き添って来たのだった。試験が終わるのを待つ間、ウンジュはサンヒョンをつき合わせて買い物をする。ウナが世話になったのでムヨンにプレゼントを買うという口実だ。ミョンジュの結婚祝いも選ぶことに。2人がデパートで買い物しているとヘギョンの友達に遭遇。別れたことを知らないだろうと思ったウンジュは、サンヒョンと夫婦のフリをする。結局2人は買い物と食事をして過ごした。

ムヨンとウナは試験を終えたことを祝って、サンヒョン、ウンジュと一緒にビールを飲むことに。だがウナはその場にジスも誘ってしまう。ムヨンの“友達”を誘って何が悪い?というウナ。ジスが現れたことにムヨンをはじめサンヒョン、ウンジュも驚く。ムヨンは明らかに機嫌が悪い。5人はそのままカラオケへ。解散して岐路につき、2人なったムヨンとジス。ムヨンは「なぜ来たんだ?」とジスに怒り出す。

ウナは不思議な子だよね。見せつけているようで、ジスが来たら傷つくのは自分だって分かってるようでもある。「精いっぱいぶつかる」と言いながら、ムヨンがジスのことを好きなのは尊重してるっていうか、「ぶつかってダメになる瞬間」を待ってるようにも見える。待ってるのが怖くて、ドンドンとつっぱしってしまっているみたい。
自分で来ておきながら、不機嫌な態度するジスは感じ悪いし、ムヨンと喧嘩になっても仕方ね~。



69話 新婚質問
ムヨンは、ウナが何を言ってきても断るべきだったとジスを責める。ジスはすべて承知で来たと話す。2人を避けるべきではない、現実を受け入れようと考えた末のことだった。
“ただの友達”のムヨンが怒ることではないとジスは言う。友達でいようと言っておきながら、ジスを友達扱いできないムヨンにジスも腹を立てていた。ムヨンは自分が卑怯なことも分かっていた。

家に帰ってウンジュはウナに、ジスはムヨンとウナの関係を理解しようと努力しているのに、その彼女を傷つけるのはよくないと注意する。ウナは、「意地悪だと分かってる」と反省してるけど、ちょっと前にジスが「ウナのために」といいつつ傷つけてたやりかたに似てるよね。自分とムヨンのつながりが強いことを見せつける結果になると分かってて、ウナとムヨンをくっつけようとしたりさ~。それが何故か「優しい気持ちで接してくれた」とか持ち上げられるんだよな~。そうしておいて「自分は意地悪だ」という自覚なしのジスよりは、ウナの方が私は好き。

ウナとムヨンのことを電話で話し合うウンジュとサンヒョン。結婚していた時よりも別れてからのほうが、2人は気楽に話しができるようになっていた。

翌日ウナは約束どおり病院へ行ってカウンセリングを受けた。今までは母親に自分の気持ちを話せなかったが、これからは意思を正直に伝えるつもりだと話すウナ。大学受験の予備校も決め、ウナは前向きになっていた。ウナはナリ食堂にも顔を出す。ウンジュの妹がムヨンに会いに来たと知ったミョンジャとテシクは驚く。一方ヘギョンはウンジュがサンヒョンと会っていることを知る。



70話 初めての朝
ナリ食堂に帰ってきたムヨンはウナがいることに驚き、急いで外に連れ出す。サンヒョンとウンジュの離婚のことで胸を痛めた両親に、ウンジュの妹が会いに行くなんて無神経だとムヨンは怒る。ウナはおじさんの友達として行ったと言うが、自分さえよければ人の気持ちはどうでもいいのかと叱られてしまう。昨日のこともあってムヨンが怒っているのだと思ったウナは、ムヨンの本心が分からないと言いだす。俺の本心を知るためにジスを利用するなんて幼稚なことはするなと、あまりにムヨンが怒るのでウナもさすがに反省する。
この三角関係。好き合っているのはムヨンとジスだけど、相性が良いのはムヨンとウナって感じなんだよね。だから、ムヨンはウナの方に流れてしまうというか・・・。一番悪いのはムヨンなんだと思うので、出来ればウナに素適な人が現れて、ウナの方からムヨンをふる展開にしてあげてほしいなあ~。無理だろうけど・・・。

ムヨンは両親に、ウナとは塾で知り合っただけでサンヒョンも承知していると説明。

一方、ジョンフンとミョンジュが新婚旅行から帰り、キム家にあいさつに来た。スニムは2人に早く子供を作るようにと言う。ミョンジュがこのままでは老後1人になってしまうとスニムは心配していた。ジョンフンに余計な負担をかけたくないミョンジュは、この話は避けていた。ミョンジュはジョンフンと一緒になれただけでありがたく、それ以上は望まないと決めていたのだ。キム家から、ついにソク家へ入ったミョンジュはしみじみと感激を味わう。翌朝、朝食を作ろうとしたミョンジュだが、ミエが台所に入れてくれない。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 空くらい地くらい | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

空くらい地くらい 66話 そうなれたらいいな

ちょっと放置状態になってましたね~。ヘジン君のエデンの東・熱血商売人と並行だと混乱しそうだたのですが、二つとも見終わったので再会します!

堂々とムヨンにぶつかるというウナの宣言に、人を好きになる気持ちはどうにもならない、悪いと思わなくていいとジスは言う。
一方、ムヨンの気持ちが理解できないサンヒョンはジスに会う。ジスはムヨンのウナへの気持ちが本物になれば、2人は幸せになれる。そんなムヨンを自分は受け入れると話す。何も期待しないし、待つこともしない、忘れるための努力もしないと話すジス。結局ムヨンとは、気持ちがすれ違うのが運命だったのかもしれないとジスは思っていた。
でも、ジスは「今はまだムヨンは自分が好きなのに受け入れられない」と思ってるよね。ムヨンとウナは、恋愛じゃないかもしれないけど、凄く深い所で共感してるというか、共有してるものがあると思うんですよね。ジスとの思い出の量にはかなわないかもしれないけど、本質的に似てる。似てるから妹のように感じるだけで恋愛にはいかないんだろうけど・・・。でも、二人のことを不安に思ったり嫉妬したりしてない(脚本てきにはしてるのかもしれないが、演技見てる限りは自信満々に見える)し、二人の絆を理解してるない。それは、つまりムヨンの魂をまったく理解してないってことなんじゃないかと思うんだよね。ジスは、好きならムヨンをもっとちゃんと見てあげてほしいよ~。

結婚式を明日に控え、ミョンジュは落ち着かなかった。結婚式でウェディングドレスを着ないミョンジュを気遣って、ジスは彼女をドレスショップへ連れていく。ミョンジュはそこでドレスを試着して記念の写真を撮る。
嫁入り前の最後の食卓を家族と囲み、スニムは嫁ぐ娘を思って寂しさをこらえていた。ミョンジュは毎月お小遣いを振り込むからと言い、母に通帳を手渡す。娘のやさしい気遣いがうれしいスニム。結婚式当日、サンヒョンが司会進行で式はなごやかに行われた。親族だけの地味な式だったが、2人の人柄がうかがえる温かい式になった。

二人の式は本当に微笑ましかったです。ミョンジュは素直で優しくて、自分の悪い気持にも気がついて反省出来て、素適な女性ですよね。幸せになってほしいが、長男の嫁が難敵ですねえ。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 空くらい地くらい | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

PREV | PAGE-SELECT | NEXT