FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

オトメン 4話

多武峰くんが転校してきて刺激になった感じ。みんなでワイワイ海の回だったこともあり、芸人パートも割と自然になじんでた。蜷川さんをもじった子供演出家とか、ちょっと笑ってしまった。
飛鳥→多武峰君の「隙だ!隙があるんだ!」を誤解して「好きだ」と誤解するのとか、「突きあう」を「付き合う=交際する」と思うとか、部員として溶け込んでほしい=一体化したいを誤解しちゃってBLに路線変更か??とか、くだらないけどバカバカしくて悪くない。
どうやら、多武峰君もオトメン?っていうかメイク好きらしいし、盛り上がりそうだ。



あらすじ→(公式から)
正宗飛鳥(岡田将生)は、橘充太(佐野和真)に都塚りょう(夏帆)をデートに誘うように勧められるが頬を染めて無理だと言うばかり。一方、多武峰一(木村了)が銀百合学園2年A組に転校してきた。転校は飛鳥を倒すためだという多武峰の自己紹介に苦笑いする飛鳥と、波乱の予感に喜ぶ充太。剣道部の練習では腕が落ちていない多武峰を素直に認める飛鳥だが、多武峰は飛鳥を天敵だと言い放つ。

そんな中、有明大和(瀬戸康史)に頼まれ大和の叔父が営む海の家の手伝いに行くことになった飛鳥ら剣道部員、りょう、充太、妹の久利子(武井咲)。海の家「政」の店主・マサ(神保悟志)は到着した飛鳥たちを大歓迎。数日後に行われる町主催のイベントのヒーローショーに出演して欲しいという。演出家となる町内会長の息子の幼い少年を紹介され、相手が子供であることに安心する磯野(澤部佑)だったが…。

その夜、浜辺で素振り稽古をしている多武峰を見かけ目をとめた久利子は、飛鳥が多武峰に「すきだ」と言うのを聞き、慌てて充太に報告する。学校で多武峰が黒川樹虎(市川知宏)に「飛鳥がいないとダメ」と話していたことを思い出した充太は、本人に気持ちを確認しようとする。直後、飛鳥が戻ってきた。

その頃、イベントで行われる世界的に有名なヘアメイクとスタイリストのトークショーを目当てに小針田雅(桐谷美玲)らが海に向かっていた。そして、イベント当日になり…。


クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| オトメン | 19:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

オトメン 3話


夏らしく幽霊はなし。ゆるーい感じだけど深夜ドラマは、このノリで正解だと思う。
飛鳥君が幽霊怖いってのはかわいかったし、夏帆ちゃんがトロそうなのが、「恋愛にうとい」=女々しくないという風に作用して、純粋に飛鳥のためになりたい!って感じで、見てて微笑ましい。
ライバルもやってきたし、骨格は本当に良い。
それだけに、芸人のシーンでテンポがおちるのが残念。単純に、このひとたちステージでお笑い芸をやっても、この間の悪さじゃ受けないんじゃないかな~と思ってしまいます。会話のテンポが悪すぎ。


あらすじ

剣道部の校内強化合宿が近づいた。正宗飛鳥(岡田将生)は、この時期に幽霊が出るという銀百合伝説を耳にして密かに怯えていた。そんな飛鳥の異変に気づいた橘充太(佐野和真)は、都塚りょう(夏帆)にあるお願いをする。

合宿当日。登校してきた飛鳥の前に黒川樹虎(市川知宏)が現れた。荒れ果てた庭を花園に改造としている樹虎は、飛鳥が立ち去った後に雑草の中からあるものを発見する。

飛鳥が宿泊室に行くと合宿の準備をする部員の中にりょうの姿があった。合宿期間中だけマネージャーをやるという申し出に喜ぶ飛鳥や部員たち。そんな中、有明大和(瀬戸康史)が昔の剣道部員が写った写真を見つける。そこには飛鳥と似た男が写っていた。

稽古場に向かうと、道場には多武峰一(木村了)がいた。都塚猛()に誘われ銀百合学園に転校し剣道部に入部したという。多武峰が剣道を始めたことを素直に喜ぶ飛鳥だが、多武峰は飛鳥に敵意を燃やしたままだ。その矢先、飛鳥の竹刀が折られていたり、耳鳴りが鳴ったり、奇妙な出来事が飛鳥を襲う。不安にかられながらも、身の回りで次々と起こる不可思議な現象を気のせいだと自分に言い聞かせる飛鳥。そして入浴中、再び耳鳴りがした。不吉なものを感じる飛鳥。直後、飛鳥の悲鳴が響き渡り、それを聞きつけたりょうが浴室に駆けつけると…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| オトメン | 19:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

オトメン 2話

男らしさが価値基準の父のために料理をしてあげたいりょう。彼女のために、自分の本当のすがたをだして、家事を教えてあげる飛鳥。
今回は、夏帆ちゃんがかわいいなあ~と思うシーンが多かったです。ドンくさそうだけど、そこが魅力になってきたような気も・・・。
深夜ドラマは、こういう緩い感じが気分に合っていていいですね。


あらすじ↓(公式)
ある日、正宗飛鳥(岡田将生)は都塚りょう(夏帆)から突然「パパになってください!」と言われる。驚きつつもそれが託児所の手伝いを頼まれただけだとわかり引き受ける飛鳥。なぜか付いてきた有明大和(瀬戸康史)と橘充太(佐野和真)と共にりょうの家に立ち寄った飛鳥は、りょうの父・猛()と遭遇。男らしさに異常に固執する猛は、準備のためエプロンをしていた飛鳥に激怒する。そのあまりの剣幕に飛鳥たちはたじたじになる。

託児所では、亡き母親の面影をりょうに重ねていた男の子・ゲン(澁谷武尊)が飛鳥を敵視して不機嫌になっていた。夜になって他の子供たちが帰る中、父親の迎えが遅れていたゲンだけが残る。相変わらず飛鳥を無視するゲンだが、飛鳥は…。

やがてゲンも父親が迎えに来て帰ると、飛鳥とりょうは片付けを始める。料理が苦手と言いながらも明後日の猛の誕生日に手料理を作ってあげたいと話すりょうに、飛鳥はまたしても胸をときめかせる。

翌日、剣道部の臨時コーチとして猛がやって来た。飛鳥を軟弱な男と思いこんでいる猛の厳しい特訓が始まった。くたくたになりながら部活動を終えて帰ろうとする飛鳥は、家庭科室に灯りがついているのを見つける。家庭科室に行ってみると、飛鳥の予想通りりょうの姿があった。家では猛がキッチンに立つことすら許さないため、家庭科室で料理の自主連をしていたのだ。下手でも必死で料理をするりょうに…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| オトメン | 16:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

オトメン(乙男) 1話

公式
時間が短いけど、設定を過不足なく説明しつつ、主人公のイケメンぶりもしっかり伝わってきたし、なかなか良いんじゃないでしょうか?芸人ワラワラの同級生たちのシーンは、もうちょっとサクサク勧めても良いかもしれません。ネタ見せはあくまでも遊びなんで、暴走禁止!!
音楽がテンポよいし、実質30分という短さがプラスに働いてる気がします。

で、ヒロイン夏帆ちゃん。彼女は「普通の女の子」って感じの少女漫画キャラは似合うと思います。ちょっとドンくさそうなところとかね。でも、この役は「武道の強い男らしい女の子」な訳で、スイッチは言った時に「カッコいい」と思わせるくらいのキリリとしたところが欲しいかなあ。

エンディングはメチャカッコいいですな~。今季、OPがお気に入りだったブザービートは既にOPがカットされてしまって残念なので、これは毎回見せてほしいです。


あらすじ↓(公式より)
銀百合学園剣道部主将・正宗飛鳥(岡田将生)は、全国高校剣道大会で劣勢に追い込まれていた銀百合学園を1人で逆転勝利に導く。試合後、飛鳥は銀百合学園1年の有明大和(瀬戸康史)が不良に絡まれているのを止めに入っていた1人の少女・都塚りょう(夏帆)を助ける。お礼を言って帰っていくりょうの笑顔に胸がときめく飛鳥。

後日、銀百合学園2年A組にりょうが転校してきた。再会に驚く飛鳥とりょう。放課後、剣道部の見学をしていたりょうは、飛鳥に憧れ弟子入りを希望している大和と、クラスメートの橘充太(佐野和真)から飛鳥がいかに完璧な日本男児であるかを聞かされる。同じ頃、バッティングセンターで遊んでいた金原学園の不良たちの中に、なぜか飛鳥に敵意をむき出しにする多武峰一(木村了)がいた…。

学校の帰り道、飛鳥は公園で少年が母親にぬいぐるみをゴミ箱に捨てられているのを目撃する。幼少期に父親(鶴見辰吾)が「本当は女になりたかった」と家を飛び出したことにショックを受けた母親の浄美から「男らしく」と厳しく育てられ、乙女趣味なものをダンボールに詰めて封印していた飛鳥。しかし気持ちは封印できず密かに乙女なものを愛する“隠れオトメン”になっていた飛鳥は、少年と自分を重ね合わせ、ぬいぐるみをゴミ箱から拾って帰る。帰宅後、浄美の留守を確認した飛鳥は得意の裁縫でぬいぐるみをキレイに直し、ぬいぐるみ用帽子なども編みあげる。こっそりと後をつけてきて、一部始終を覗き見していた充太は大喜びで…。

翌日、飛鳥は女子たちがナンパ男で有名な充太がりょうを家庭科室に呼び出したと聞き、慌てて家庭科室に向かう。すると室内からりょうの困惑する声が聞こえてきて…。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| オトメン | 09:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

PREV | PAGE-SELECT |