FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

火の鳥 17・18話

火の鳥 BOX-I17話
毎度ながらミラン怖いっす。少しは私のことも考えろって、考えてるから愛してもないのに一緒にいて傷つけないようにしてるんでしょうが。アメリカであなたを助けたのは私だっていうけど、セフンが助けられるのが嫌いなの分からないのか?
休日、セフンがくつろいでいるカフェにやってきて、ジョンミンは攻撃です。なんで、そうやって挑発するんだ?セフンはジウンのことは諦めたというけど、全然信用されてない。でも、事故のせいでセフンとジウンは縁がないって決めつけると、自分の首も締めるんだけどな。
ジウンとジョンミンは自宅で一緒に仕事だってさ。でも、そういうのは違うんじゃないかな~。ジョンミンさんの、そういう所が苦手。そんで、一歩リード!とか思ったのか、無駄にセフンを煽るんだもん。性格悪すぎじゃない?どうして、そんなことするんだよ。さらに、社長の座を奪われたパク専務が好き勝手な煽り文句をやりやがる。
会長だって、出来るセフンに会社を乗っ取られるのが心配で、会社の立て直しだけやらせて、適当に追い出すつもりなんだし、セフンの周りは敵ばっかりだ。
パク専務、会長に怒られたので、事故の件を証拠に残して、弱みを握ろうと決心しました。ジウンの件を話してるのを、ジョンミンが聞いてしまいます。会長に詰め寄るジョンミン。自首しろと詰め寄る。出来ないのであれば、代わりに私がって言って出て行ってしまいましたが、言えませんでしたねえ。そのまま家には帰ってこない。副社長がいなくなって、パク専務が代行することに…。
ジウンは、ジョンミンを受け入れようという気持ちにちょっとなっているのに、ジョンミンは行方をくらましてます。
セフンは仕事頑張ってる。会社の過去の資料にも目を通して、ジウンの父の会社が吸収されていることを知ります。しかし、ミランがマジで怖ええええええ。守衛に頼んで会社に入れないようにしたら、引き殺す真似ごとかよ!
ジョンミン父、何を思ったのか、ジウンとジョンミンを呼び出して、「お前ら結婚しろ」。え、それでジョンミンさんは納得するか?納得しちゃったら、ジョンミンさんに失望しちゃいそうだ。
18話
ジョンミンさん。良かった。拒否してくれた~。お父さんは嫁として大事にして、償いをするとか言ってるけど、そりゃ無理だ。で、父とは縁を切るといって去りました。
でも、荒れて喧嘩して捕まって、セフンが身元引受人になったりと、まさに駄目駄目君。会長も仕方なく、君が上手く指導してやってくれとセフンに頼む始末です。
ジョンミンは双子の兄弟の墓に行って、父を許すことはできない。お前に会うのは最後だと家族に別れを告げます。やっと、ジョンミンはジウンに会いにきた。別れるって言い出しました。「許しが出たから飽きたから別れよう」そんなの、ジウンには通じない。そりゃ、そうだろう。
ジウン母、セフンを会って責めます。凄い酷いこと言いまくり。嫌いだからって、そこまで言わなきゃならないか?逆に闘志に火をつけるんじゃないかと思うよ。セフンは現在何もしてないじゃん!
別れ話をしたジョンミンを、セフンが殴って正気にさせようとします。「彼女のために変わると言ったんじゃないのか?泣かすな。彼女を幸せに出来るのはお前だけだ」だってさー。頼まれちゃったら考え直すのか?ええええええ。だったら別れるなよ。
やっぱ、無理か。ジョンミンさん、家から荷物をまとめて出て行こうとしたけど、そこで倒れちゃいました。ラブラブ映像は、ジョンミンさんの妄想&思い出だったのね。良かった、黙って結婚するんじゃなくて。
ミラン様、本当に壊れちゃった?勝手に家に来て食事作るのは良いけど、靴下は左右バラバラ、洋服は裏返し。ヤバヤバですよ。階段から落ちて怪我したら、おつきの人が助けてくれたけど大丈夫かよって心配したら、演技だったのかよ。ミラン怖いっつーの。セフン、身の危険を感じて帰国すると言い出した。
セフンは、ジウン父のシニョン繊維の登記簿を調べました。ジウン、名目上の理事になってたのね。不渡りを出すほど酷い状況じゃないはずなのを不審に思っています。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 火の鳥 | 18:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

火の鳥 15・16話

このドラマ、音楽が良いです。雨のシーンの曲は特に良かった。
15話
ミラン怖いっすよ。4人集めて、あなたに対する気遣いよって言われてもさあ。セフンが拒否しても、無理やり抱きついて、帰るなら私を殺してからにして!で、セフンも女性を無理やり放りなげるな、乱暴すぎ。割れたガラスの上を歩きまくって、自傷行為で引きとめるミラン。怖い~。痛い。流石に手首切られて、セフンも救いました。病院で意識を取り戻したミランに、「互いに疲れ切っただろう。執着の結末はむなしさしか残らない」と告げました。分かってもらえるかなあ?まだまだしつこく付きまとってきそうだな。
ジョンミンは「流産したけど子供もいた」ってのがショックで荒れてます。
ジウンは、「自分のせいで父が死んだ。だからセフンを捨てた償いは済んでいたと思っていた。」と泣いてます。でも、ジウンが家に帰ると、酔いつぶれたジョンミンさんが待っていた。ジウンの家でひとまず寝かせた。夜中に起きたジョンミンさん、もうジウンに迫ってます。
ジョンミン、セフンの前でのジウンとの電話で泊まったことをにおわせたりして、攻撃的です。セフンは繊維部門の次はIT部門の立て直し。会社の業績を上げることで地位を維持してるのに、ジョンミンさんたちは株の操作でセフン追い落としにかかってます。
ジョンミンさん、仕事中でジウンが電話取らなかった位で、会社に追っかけてこないで、怖いっすよ。ミラン化してますよ。一方、セフンも、職場でたまたまジウンと雨宿りして、「もう一度君を取り戻す」と宣言。「俺以外の男を思っているなら身を引くが、俺には分かる」と言い切るセフン。しかし、ジョンミンさんに渡すまいと手をつかんだセフンに「離してください」ってジウン。ジョンミンさんからも離れて行ったのに、ジョンミンさんは自信満々で追いかけて行ったよ。いやあ、あの瞬間、ジウンの頭の中にはセフンのことしかなかったから、セフンにだけ拒否の言葉を言ったんじゃないか?でも、ジウンもジョンミンさんに逃げ込んでしまいました。抱き締められて、応じてしまったよ。
ジウン友人が、セフンがアメリカに立った日、ジウンは追いかけたけど事故があったという話をしてしまいました。ミランがジウンを傷つけないように、傍から離れてとお願い。一度だけ電話があったときに、冷たく拒否したのを思い出したセフン。
ジョンミン、母親を金で買収してジウンにOK出させたよ。それじゃ苦労するに決まってるよ。
ジョンミン父に、ジウンの父親が誰かがばれました。あの事故、会長が仕組んだのか?マジ?殺すつもりは無かったのか?

16話
会長は、ジウン父と同窓だということは話したのね。さりげなく事故の犯人が分ったか聞いたりして、セコイ。「でも贔屓はしないし、ジョンミンとの付き合いもそのことで認めたりはしない。」ジウンも、「父も嫌がるでしょうし、そういうことはしません」と答えました。
父の蔡日にもジョンミンがやってきてくれます。
セフンは真実に打ちのめされてます。ジウンを呼び出して謝罪します。しかし、ジウンも「私があなたを傷つけたのだから、謝らないで。切ない気持も恋しい気持も無理して否定せず、人生の終わりの日が来たら、一度だけ会う。そうしましょう」そうは言っても、社内で会って落し物を拾うだけで凄い緊張感。こんなの良く耐えられるな。仕事場だから仕方ないとはいえ、この状況厳しいな。そして、ジョンミンは電話攻撃やら、ご飯攻撃。ジウンは昔の自分みたいで、断りきれない&セフンを思い出しちゃう。で、ジョンミンさんは強引にしないと避けるから!って自己正当化。家族にとりいったり、本当にしつこい。
ミラン、しつこいですね。秘書に電話を断られて、どんどんヤバい感じになってます。帰ってこないセフンのために家事やっておいたり、会社に追いかけたりとストーカー化。ジウンも貶しまくりです。セフンに冷たくされて、復讐してやるモードになりました。ジウン母に、セフンとジウンが会っていると告げ口。当然、ジウン母はセフンに怒りまくりの電話。怖いですねえ。
セフンはジウンに謝って「ジョンミンに幸せにしてもらえ」っていうけど、「そんな弱いあなたは嫌い」って、やっぱジウンはセフンがまだまだ好きなのね。
ジウンは、ミランのやりすぎに抗議に出向きます。「私のせいで父が亡くなったのだから、絶対に許されない二人なの」で、その会話をジョンミンに聞かせるのね。泣きじゃくるジウンをフォローするジョンミン。同じく呼びつけられたセフンが、それを見ちゃうって展開。ミラン、策士だぜ。
セフンは裏金があることでパク専務を責めますが、資金管理は私とジョンミンの担当だと突っぱねられます。抜本的改革で再飛躍を狙うセフンに、「社長のために改革するのか?雇われ社長の癖に」と挑発するジョンミン。ま、仕事ちゃんとやってるのはセフンだからなあ。で、対抗意識持つのは良いけど、裏工作に走っちゃイそうなのがジョンミンの駄目なところだ。
ボクジャ=ナムPDを好きだけど振り向いてもらえないヨジン。ジウン妹のヨンウンといちゃいちゃして気を引く攻撃してるけど、なんとボクジャはセフン友人の弁護士先生にいいよる作戦で反撃。少し気を緩めるパーツになってて楽しいです。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 火の鳥 | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

火の鳥 14話

ジウンを守って怪我したジョンミンさん。セフンは残って倉庫整理してて、ミランの犯罪だと気がつきました。ジウンは罪悪感でジョンミンさんに捕まっちゃいそうだな~。「ありがとう、ごめんなさい」しか言えないジウンに、迫りまくるジョンミン。本当に自信家だなあ。家の問題だけでしり込みしてるって思いこんでるんだよね。本気で愛しそうで怖いんだろ?って、ええー違うだろう!誤解してるぞ~。
セフンは偽物騒動に続く火災騒ぎで、会社での立場が悪くなってます。犯人はミランだろ?って責めるジョンミン。あんたが知ってて止めなかったんだろ!こら!あんたに言われたくないわ!会社に色恋沙汰を持ち込むな!とか言いながら、自分は会社でジウンに粉掛けまくり。

セフンは、プールでの理学療法で手を放しておぼれさせるって手で、ミランの嘘を暴きました。セフンの邪魔をするのはセフンを愛してないからだ!俺の邪魔をしたから許さない!ってセフン怖いです。厚かましい!とか、言いたい放題。愛じゃなくて憎くて離れられないミラン。ジウンに対するセフンの思いも、それに似てなくはないかもね。ミラン荒れまくり。
セフン、ジウンに「待っていろ。今は何も決めるな」うー、かっこいー。

スタバのコーヒーから、手頃なブランド品というアイデアを貰って、事業で損失を取り返そうとするセフン。大ヒットを飛ばして、とりあへず社内の信用は回復しました。しかしライバルのジョンミンは素直に喜べないのね。自分ところの会社の成功なんだから、素直に喜びなよ~。反対派を集めたりして、不穏な動きをしてます。
ジウンは次の研修先の工場に異動。会社の専務に、父の会社の昔馴染みが居て、その人と偶然出会います。業界、同じだからね。頼りになるかなあ?なんか、見はられてる感じがするよ。

セフン、ジウンにジョンミンをどう思っているのか尋ねます。「昔の自分みたいで、痛ましく見える。」嫌がるセフンを必死で追いかけていた自分みたいだから、無視はできない。でも、セフンにドキドキするのも本当なのね。それでも、情に流されたくないジウン。セフンは「ジウンを取り戻す方法は?」って聞くけど、母親を悲しませたくないからありえないとジウン。ま、一度失敗してる訳だしな~。

なんと、ジウンに内緒で、ジョンミンとジウン母は、マンション買うことにしたのかよ。金で釣るのはやめてくれ、ジョンミンさん。ミラン見て、これは駄目な方法だと思わなかったのか?

ミラン、アメリカに帰るから最後にってことで、セフン、ジウン、ジョンミンをそれぞれに呼び出し。遅れまくった上でやってきました。おお、歩けるようになってるよ。挑発しまくって、「ジウンとセフンが互いを忘れてない。もとのようになってほしい」だって。ミラン怖いですよ~。ジョンミンに、ジウンを諦めろと宣言。ジョンミンはショックで逃げだし、ジウンは気を使ってジョンミン追いかけちゃった。最後の気遣いよってミランは言うけど、怖いってば~。私が狂うか死ぬか、どっちかを選べとかさあ。怖すぎる。


 

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 火の鳥 | 19:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

火の鳥 12・13話

12話
ジョンミンさんの父親がジウンを説教。ジョンミンさんが怒ってくれましたけど、ジウンはジョンミンに近づいたのが間違いだって思っちゃう。そして、自分の家族が、どれほどセフンを傷つけたかを実感。酔ってセフンに電話かけちゃいます。セフンも傷ついたジウンをほっておけないのね。取り戻したくて頑張ったというセフンに、ジウンは「私たちは会っちゃいけなかった」と言います。セフンは、「諦めるべきじゃなかった。わざとイジワルした。ごめん」というけど、ジウンは「もう互いに変わってしまった。最初からあなたを望んじゃいけなかった」と否定的。
ミランは電話にでないセフンにイライラ。父親に「あんな男やめろ」って言われて、必死に訴えてます。
ジウンは働き始めて、被服のブランドマネージャーに。研修でショップに立つジウンをミランがさっそくいじめてます。セフンに会って皆で食事してたら、ジョンミンが喧嘩売りに来るし、セフンは庇うしで、大変だな仕事。セフンとジョンミンも喧嘩で殴り合っちゃいます。
セフンの後をつけてる人がいて、セフンはミランが探ってると思って怒るんだけど、ミラン父がやってたのね。(ま、あの表情じゃ、父親におねだりしたんだろうけど)
ジョンミンとジウンも別れの喧嘩です。
ミラン、なんとか立てるようになった瞬間に、セフンが帰ってきちゃう。騙された!て気持のセフン。
13話
とりあへず、気がつかなかったふりをするセフン。顔が怖いです。家を出て、ジウンに会いに行っちゃいます。
会社でトラブル発生。デザイン流出で偽物が出回り、発売前にクレームがついた。裏切り者じゃないかと疑われるセフン。ジョンミンが仕事で対抗しようと、財務部門担当の副社長になります。セフン、はめられてない?
そして、理事の一人がジウンが会社に因縁があるのに気がつきます。(ジウンは気が付いてないっていうか、父親の会社のこと全然しらなさそう)
ジョンミンはやったのがミランだと察知。怖い女だな。セフンも感づいて調査してます。
回収作業で一人倉庫に残ったジウン。配電盤がショートして倉庫で火事になり取り残されます。ジョンミンさんが助けてくれました。これで、もう一度よりが戻るかな?

 

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 火の鳥 | 21:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

火の鳥10話

10話
「もう会わない」とか言ってても、ビンビンの緊張感ある空気見ちゃうとそりゃあ、ジョンミンだって穏やかじゃいられないよな。ミランまで登場しちゃって。一応、ミランはごまかす話を提供したけど、なんかいやーな感じだわ。結局、呼びだしてジウンにチクチク嫌味言うミラン。
契約締結ですが、海外のお客様がジウンを仕事のチームに推薦。せっかく、距離を置けそうだったのになあ。ジウン、不安だからって断るんだけど、ジョンミンの勧めも強いし、セフンも「強制はしないけど、迎え入れる」って言うので、受け入れちゃいそうです。
パーティ席上、無理やり歌わされるセフン(韓国ドラマって本当に歌うのが好きですね)。これは思い出の曲ってやつですか?セフンもジウンを見つめちゃうからミランはイライラです。
セフン、「冷たいって言われるだろうけど、自分の気持ちが怖くて表現できないだけだ」と弁護士さんに告白。
ジウンを雇うことをミランに報告したセフン。ジョンミンに話すっていうミランを止めようとして、「君には関係ない。口を挟んだら許さない」って暴言はいちゃいました。
ジョンミンは、何かを隠し、あいまいにするジウンを責めます。ジウンはソウルに帰って話す事にしたみたい。って、セフン、ジウンの部屋に勝手に入って待ってたよ。何で入れちゃうの?「自分のことだけを考えろ。秘密にしろ」って言いたかったみたいだけど、そこにジョンミンがやってきてしまいました。アチャー。事情説明をしようとするセフンが、ついジウンに「お前」って言っちゃったので、ますます怪しみ、セフンはジョンミンに殴られてしまいます。ジウンにも「口もききたくない」ってジョンミン。
11話
ジョンミン、セフンに勝負を挑むことにしたみたいですな。説明に来たジウンも無視。
セフン、「ジョンミンにすがるな。仕事なら俺がやる!」ってジウンを怒ってしまいます。ジウンが傷つくのが嫌なんだって、どうして言わないのよ。「いい人だから、謝りたい」っていうジウンに、「ジョンミンが好きなのか?なら幸せになれよ」ってまた怒っちゃうんだよねえ。で、それを探偵に隠し撮りさせて、リアルタイムで見てるミラン。怖いよ。
セフンとジョンミンは会社で対立。さらにミランに責められて、「じゃあ、別れてやる」ってなっちゃうセウン。彼は、追い詰められると、冷たくなるよねえ。ジウンと離婚した時もそうだった様な・・・。
ミラン、一人になったから不自由してて、事故で軽い感電しちゃったら、なんと足が動くように!まだ立てないけど!アリエナイ!笑っちゃったよ。これでは医者の立場がないじゃないか。流石、韓国ドラマです。ここまで超展開やってくれると、なんか許せちゃいます。
そこへ、反省したセフンの電話。「僕の未来には君が含まれている」とか言っちゃってさ。足も治ったミランは強気ですよ~。治療もこっそりやるつもりらしい。
ジョンミンにも、釘をさしにいくし「相手のためを思って別れるなんてのは負けた者の言い訳。愛していれば、すがるものだ。踏みつけられることで殻を破れる」すごいセリフだよねえ。韓国ドラマにはありがちだけど、気合入ってます。ジョンミンが怖がってるってことは、韓国人にとっても怖い女ではあるのね。
ジウン、ジョンミンに会って別れを告げますが、ジョンミンは「始まりも終わりも俺が決める」ってどこまでも傲慢っていうか、ジコチューです。粘るなあ。でも、ジウンも受け入れて、会社に入ることにした。裕福だけど寂しいジョンミンを理解できるジウンだから、やっぱり好きになっちゃうんだろうね。二人でデートしてると、レストランで鉢合わせちゃって、ジョンミン両親、ミラン父もいるところで4人が顔を合わせちゃいます。メンドーだなあ。ミランはジョンミンとジウンに上手くいって欲しい筈なのに、イライラをジウンにぶつけるために「あんたなんかジョンミンにふさわしくない」みたいなこと言っちゃう。馬鹿だなあ。
ジョンミン父からジウンに呼び出しがかかり、離婚歴がある女はふさわしくないって怒られます。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 火の鳥 | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

火の鳥 9話

キスしてるのミランに見られちゃったね~。ヤバヤバ。
でも反抗的でセフンを恨んでるジウン。セフンは自棄酒でミランの電話も無視。
次の日、ミランに呼び出されて叩かれたジウン。いやあ、女の喧嘩は怖いっす。
ジウン母はジョンミンに食いつきまくって、ジウンに止められてます。「孤独な自由か幸せな拘束か。決めないと傷つける」というセフンだが、ジョンミンは「彼女は色々な才能があるから、彼女は仕事を取るだろう」と、愛に盲目だったセフンは気がつかないジウンの一面を指摘。いやあ、セフン負けてるぞ~。
ジョンミンはジウンの家に押し掛けたりして、相変わらず強気です。臭いセリフはきまくり
思い出の別荘・済州島での接待始まりました~。献身的にミランに付き添うセフンを見てジウンは複雑だし、ミランは挑発するし…。しかし、仕事は相変わらず細やかなジウン。しかし、船から落っこちてしまいました。先に飛び込んだのはセフン。無意識のなかで、セフンに「行かないで」って言ったジウンは、すごく素直で可愛かったと思う。強情はってるジウンも魅力あるけどね。でも、起きたら付き添ってるのは気障男・ジョンミン。ここまで気障だと、思わず笑っちまうジウンの気持ちが分かるわ。一方、セフンは見舞いに行くのも躊躇うチキン野郎。それをミランに見られちゃうしな。ジョンミンから、助けてくれたのがセフンだと教えられたジウン。戸惑ってるな~。
ジョンミンは父親からジウンとの交際を反対されてます。
海岸でたそがれるセフン、それを見つめるジウン。いやあ、ジウン奇麗だわあ。やっぱりジウンの気持ちはセフンから離れられなさそう。
ミラン、海外からのお客様にも、非常に良いサービスをして気に入られます。そこにセフン登場!イ・ソジンさんの顔は苦手だが、このドラマのセフンは、ふとした時の表情がカッコ良いねえ。目線をくれる瞬間とか、ドアから入ってくる瞬間とかが特に好き。
せっかうジウンが感謝してるのに、つれないセフン。どうして、こじれてしまう話し方しかできないのか。探してほしかったと責めてしまうセフン。愛してるって素直に言えば良いのにね。ジウンは「私たちのせいで傷つく人が出るのが嫌」だと、そんな二人を見かけたジョンミン。あれ、気がついた?

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 火の鳥 | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

火の鳥 8話

ジョンミン父は、ジウン父(妻の家に婿入りして成功したが、妻のお陰といわれたくなくて無理して倒産)を知っていて、セフンに似てるって思ったみたいだね。ジウンがセフンに惹かれたのは、そういうところもあるのかな?
ミランに気付かれてしまいました。でも、ミランは知らないふりにして、無かったことにしたいみたい。火の鳥の絵の額縁を壊して、捨ててきて!って命令したけど、セフンは「後で俺がやる」って拒否しちゃった。ミラン、不機嫌です。それで、結婚式を来月にしようと焦ってます。さらに、ジウンも挑発しまくり。そして、階段下のピアスを拾わせて、自分から階段落ちをやるという強行突破。これで、ジウンに責任を押し付けるわけね・・・。それも、ジウンに同情してるって路線を崩さない。うーん、策士。落ち込んだジウンはジョンミンに電話して、デート。結構、お互いに進んでる感じだな。
ジウン妹、ジョンミンに迫ってます。この妹も面倒だな。母はジウンの結婚の邪魔になるからって、妹を抑えようとしてます。
ミラン、毎日嫌味言いまくりです。とうとう、ジウンは真実を話しました。今さら言うなよ!っていうミランの気持ちも分かるけど、皿投げたりはやりすぎ。
会社の接待に、パートナー同伴ということで、ジョンミンはジウンを連れてくると・・・。せっかくセフンの家のヘルパー辞めたのに、また会っちゃうんだよな。
で、またも喧嘩になってしまうジウンとセフン。愛してるから、上手くいかなかったのが悔しくて、攻めてしまうんだな。セフン「今でも、僕は君にふさわしくないか?」って言ってキス。で、これをミランが盗み見してます。あちゃー。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 火の鳥 | 17:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

火の鳥 7話

ジョンミンはキスしちゃったよ。強引だけど、拒絶しなかったしな。それをシッカリセフンがみてしまうのは、韓国ドラマのお約束。でも、静かに私には無理ですとジウンは話すけど、ジョンミンはあっつい男なので聞きゃしない。ジョンミンの家は、昔のジウンの家とも付き合いがあるソリン繊維もやってて、だから結婚もできるんじゃ?ってジウン母親は猛プッシュです。でも、セフンがソリンのCEOになったのも知ってる母。会社に訪ねて行って、ジョンミンとジウンを結婚させるから、邪魔するなって釘をさします。どうせ雇われ社長でしょとか、強気っすな。
セフンは、「前の夫が俺だというな」とジウンに告げます。この二人の会話、いつまでも勝負!みたいな感じ。でも、愛し合ってるんだよね。面白い。
セフンの家のヘルパーをジウンがやってると知ったミラン。不信感を募らせてます。微妙に意地悪してみたり、自慢してみたり、嫌な女になってます。さらに、セフンを責めたてるもんだから、セフンもうんざりしてる。ジウンに他に女がいるんでわ?って不安を告白したり、ジウンは辛い立場です。セフンの家のヘルパーも代わりを見つけて、来週から辞めるようにジウンは手配しました。
落ち込むジウンに、車に卵投げでストレス解消!ってやるジョンミン。楽しそうだが、車を洗えない環境でやると、後ですごーく困りそうなんだけど・・・。ジウンは気分がすっきりするって楽しそう。それでも、誰かを愛する勇気がないっていうジウン。
「過ぎた時間と口にした言葉は元に戻せない」チャラ男ジョンミンに喧嘩売るセフン。ジョンミン、会社のためにも味方につけておかないと駄目なのに、ちょっと感情的になっちゃってるね。
ミラン、留学時のジウン→セフンの手紙と、結婚式の写真を見つけてしまいました。アチャー。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 火の鳥 | 19:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

PREV | PAGE-SELECT | NEXT